3.3坪のイタリアンがコロナ禍でも明かりを灯し続けた理由

公開日: 更新日:

 ビルの壁にへばりつくようにポツンと一軒、笑っちゃうほど小さな店が立っている。裸電球の明かりが夜の歩道にこぼれ、入り口には「Ribes」の横文字の暖簾。わずか3・3坪、カウンター7席のみ。それでも、本格的なフルコースも提供するれっきとしたイタリアンレストラン&バーである。

 カウンターに座ると、いきなり店主の梅沢英和さん(63)の顔が目の前にある。奥行き1・5メートル弱の極セマな店内。

 その中央を幅約35センチのカウンターが貫き、このカウンターの幅が店主と客を仕切るソーシャルディスタンスとなる。もちろんフェースシールドをぶら下げたり、マメな換気をしたりと、感染対策は欠かさない。

「私の夢はね、見知らぬ人同士が集って、料理と酒を小道具にしてコミュニケーションの輪が広がるような『場』をつくること。そのためには、この小ささ、この狭さがピッタリなんです」と梅沢さん。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新しい地図&石橋貴明「低視聴率組」にテレビマン戦々恐々

  2. 2

    元SMAP「新しい地図」が今もテレビに登場しない本当の理由

  3. 3

    コロナ支援金が次々と期限…迫る倒産・閉店・失業ラッシュ

  4. 4

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

  5. 5

    案里被告を保釈して大丈夫なのか…過去に全裸や救急搬送も

  6. 6

    中日エース大野雄大に残留情報 巨人垂涎もコロナで資金難

  7. 7

    西武指名は“110kg大砲”渡部健人「デブ専」貫く球団の勝算

  8. 8

    岡村隆史“奇跡のV字回復”なのに 新妻をひた隠しにするワケ

  9. 9

    菅内閣は個別政策のみで長期的ビジョン・社会像が見えない

  10. 10

    韓国59人死亡の衝撃 インフル予防接種がはらむ重症リスク

もっと見る