コロナ感染“新規5万人増”を裏付ける厳寒ラニーニャの恐怖

公開日: 更新日:

 18日の東京都の新型コロナウイルスの新規感染者は493人と過去最多を記録。国内の感染者は初めて2000人を超えた。第3波が猛威を振るう中、グーグルが衝撃の感染予測を発表。18日午前の段階で12月13日までの28日間で「国内の陽性者数5万367人増」としており、単純計算で1日当たり約1800人増。今のペースなら十分にあり得る。追い打ちをかけるのが、今冬の厳寒だ。

  ◇  ◇  ◇

 週初めから10月並みのポカポカ陽気が続くが、どうやら今のうちだ。気象庁の3カ月予報によると、11月の気温は全国的に平年並みか高く、12月はほぼ全国的に平年並みか低い見込みである。

 気になるのがラニーニャ現象だ。南米ペルー沖の海面水温が平年より低い状態を指し、日本付近は夏が猛暑、冬は厳寒になりやすい。今年は8月から発生しているが、今夏の厳しい残暑の要因ともみられる。

 気象庁は10日、「エルニーニョ監視速報」を発表。ラニーニャ現象が来年2月まで続く可能性は90%と高い。ほぼ確実に「厳冬のラニーニャ現象」に見舞われるのだ。

 前回、発生した2017~18年の冬は全国的に低い気温になり、西日本では32年ぶりの寒さになった。気象庁気候情報課は「その冬の西日本の平均気温は平年より1・2度も低くなりました。気温としてはとても大きな低下といえます」(担当者)と振り返った。

 新型コロナウイルスは寒いほど長期間、生存するとの研究がある。また、厳しい寒さで換気がおろそかになれば、感染しやすくなる。

感染2000人超は冬の大流行の入り口

 これまでの新型コロナ下の気候は、暖冬、春、猛暑の夏を経て、秋も比較的暖かい。ところがこの先、経験したことのない寒さがやってくる可能性が高い。西武学園医学技術専門学校東京校校長の中原英臣氏(感染症学)が言う。

「冬は新型コロナの流行期。厳寒なら一層流行する恐れがあります。また、どんなに早くても、この冬にはワクチンは間に合いません。18日の2000人超は過去最多ですが、ピークではない。むしろ、冬の大流行の入り口と考えた方がいいでしょう。菅政権は感染抑制策を何ひとつ打たないばかりか、感染機会を増やす『Go To キャンペーン』すら見直そうとしません。感染の推移は成り行き任せ、『後は国民自身で何とかしてください』というメッセージのようにも感じます」

 国内の累計感染者数は約12万4000人。たった1カ月で、その4割強も拡大するグーグルの“感染爆発”予測の現実味はいや増すばかり。18日夜、菅首相と会談した田村厚労相は「菅総理も感染者の数に関して危惧を抱いている。緊張感を持ってこれからも感染防止のために対応していく」と語った。だが、危惧や緊張感だけで感染は防げないのだ。

 このままだと、経験したことのない越冬になりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  2. 2

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  3. 3

    玉突き人事速報 菅野とダルに追い出される田中は西海岸へ

  4. 4

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  5. 5

    菅首相はコロナ禍でも朝昼晩「外食フルコース」の贅沢三昧

  6. 6

    安倍氏任意聴取の狙い 特捜部は十八番のウソを見破れるか

  7. 7

    吉川元農相は大臣室で現ナマ疑惑…「鶏卵汚職」何人いる?

  8. 8

    安倍氏の発言に納得 嘘が許されるなら国会自体意味がない

  9. 9

    “鶏卵疑惑”自民に飛び火か…これがズブズブ「献金リスト」

  10. 10

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

もっと見る