先行解除で“コロナ変異株”感染爆発の恐怖…既に市中感染か

公開日: 更新日:

 首都圏を除く6府県で検討されている緊急事態宣言の前倒し解除。菅政権は26日、方針を決定する。解除議論にあまり上がらないが、気がかりなのが、ジワジワと市中に広がる新型コロナ変異株だ。解除を機に人の移動が活発になれば、変異株クラスターが乱発する恐れがある。

【写真】この記事の関連写真を見る(22枚)

 ◇  ◇  ◇

 25日、14人の変異株感染者が判明し、200人を超えた。これまでに18都府県で153人、空港検疫で49人が確認されている。先行解除対象の関西3府県では兵庫25人、大阪9人、京都3人が判明している。恐ろしいのは、そのうち、兵庫7人、大阪3人、京都3人は感染経路が不明。どこかで誰かに変異株をうつされたのだ。濃厚接触者ではないのにどうやって見つけたのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  4. 4

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  5. 5

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  6. 6

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  7. 7

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  8. 8

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  9. 9

    都が見回り隊員に大盤振る舞い 日給1万2200円+αは妥当?

  10. 10

    特捜9vs捜査一課長 “お決まり”でも高視聴率の2作品を解剖

もっと見る