<第2回>「正義」の押し付けで多様性を認めない社会は人間の良さをなくしてしまう

公開日:  更新日:

 2時間に及んだインタビューの間、畑さんはピースをくゆらせ続けた。本当においしそうに吸う。話題はたばこ規制の話に移った。

「いま吸っているピースのパッケージの表裏に警告文が印刷されています。戦後、平和の象徴として登場したピースのパッケージデザインが台無し、デザイン権の侵害ですよ。あるとき、たばこの副流煙は体に悪いということを、大学教授がテレビの禁煙番組でウサギを使った実験で訴えていました。ウサギの鼻先に火を付けた10本入りのたばこを置き、その煙をかがせて心音に影響が出たというわけです。こんな非科学的な実験では話になりません」

 畑さんが顧問を務めている専門学校の学生が発表会で、がんにかかったペットの写真を見せて「家族がたばこを吸っているとペットはがんになるから、たばこはやめたほうがいい」と主張したことがあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  3. 3

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  4. 4

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  5. 5

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  6. 6

    吉川晃司や近藤サトで注目 グレーヘアはモテにつながるか

  7. 7

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  8. 8

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

  9. 9

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  10. 10

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

もっと見る