• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

<第2回>「正義」の押し付けで多様性を認めない社会は人間の良さをなくしてしまう

 2時間に及んだインタビューの間、畑さんはピースをくゆらせ続けた。本当においしそうに吸う。話題はたばこ規制の話に移った。

「いま吸っているピースのパッケージの表裏に警告文が印刷されています。戦後、平和の象徴として登場したピースのパッケージデザインが台無し、デザイン権の侵害ですよ。あるとき、たばこの副流煙は体に悪いということを、大学教授がテレビの禁煙番組でウサギを使った実験で訴えていました。ウサギの鼻先に火を付けた10本入りのたばこを置き、その煙をかがせて心音に影響が出たというわけです。こんな非科学的な実験では話になりません」

 畑さんが顧問を務めている専門学校の学生が発表会で、がんにかかったペットの写真を見せて「家族がたばこを吸っているとペットはがんになるから、たばこはやめたほうがいい」と主張したことがあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  5. 5

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る