ブラジル日系居酒屋が乱交をおわびしたのに炎上した理由

公開日: 更新日:

 南米ブラジルでは、新型コロナウイルスの感染が再拡大し、死者数は世界最悪の米国に次ぐ20万人を突破した。そんな中、日系の居酒屋が店内で乱交パーティーを行っているとして非難を浴びている。

 その店は、パラナ州クリチバ市の「ひょうたん」。入り口には暖簾に赤ちょうちん、インテリアも日本の居酒屋風のつくりだ。この店内で、乱交が行われている映像がSNSにアップされたのだ。映像を見るかぎり、少なくとも男女3人ずつ、6人以上が全裸や下着姿で入り乱れている。中には鬼の面をかぶる者や、日本風のタトゥーを入れている者も。映像をアップしたのは、コロナ感染につながる“濃密接触”をする人々の監視活動をしている告発サイト「Brasil Fede COVID」。

 店長のケンジ・ミツナリ氏は、同店のホームページに土下座をしている漫画の絵とともに、おわびを掲載。ところが、「お客さまの信頼を失望させたことに本当におわび申し上げます」としながらも、写真は昔のもので、店内は常に清掃・殺菌を心がけていることなど言い訳を述べた後、「おわびとして、新たに“プッシーギョーザ”と“美食の乱交”メニューの提供を始め、その売り上げの一部をコロナ対策機関に寄付します」と記している。

 告発サイトには、コロナにもかかわらずパーティーを開く、驚くほど多数の笑顔のブラジル人たちの写真がアップされている。ブラジル国内でもすでに変異株が発見されているが、どうも自粛ができるようなお国柄ではないらしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  5. 5

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  6. 6

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  7. 7

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  8. 8

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    マリエの枕営業告発が広がりに欠けるワケ…どうなる“第2R”

もっと見る