【スズキ】優遇税制・インド市場が消えた時 単独で生き残れるのか

公開日: 更新日:
鈴木修会長(左)と長男の俊宏社長(C)日刊ゲンダイ

 国内の販売低迷がつづいている軽自動車業界。業界トップのスズキも、いずれ正念場を迎えるとみられている。

 最大の懸念材料は、今年6月30日付で社長から退いたものの、いまなお隠然たる影響力を保ちつづけているカリスマ・鈴木修会長CEO(85)の後継問題だ…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    月25万円の年金生活 2万円で大好きな遺跡や寺社仏閣巡り

  3. 3

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  4. 4

    高橋理事に五輪招致9億円受領報道「死ぬ前に話してやる」

  5. 5

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  6. 6

    志村けんさん「笑いの美学」鉄道員で共演の高倉健も惚れた

  7. 7

    藤浪トレード急加速 コロナ感染契機に他球団が再調査開始

  8. 8

    会見でいい加減なことを口走る安倍首相をたしなめないのか

  9. 9

    立川志らくをバッサリ…“毒舌の先輩”たけしの批判に説得力

  10. 10

    コロナ「首都封鎖」高齢者を直撃 法改正で道路遮断も可能

もっと見る