【スズキ】優遇税制・インド市場が消えた時 単独で生き残れるのか

公開日: 更新日:
鈴木修会長(左)と長男の俊宏社長(C)日刊ゲンダイ

 国内の販売低迷がつづいている軽自動車業界。業界トップのスズキも、いずれ正念場を迎えるとみられている。

 最大の懸念材料は、今年6月30日付で社長から退いたものの、いまなお隠然たる影響力を保ちつづけているカリスマ・鈴木修会長CEO(85)の後継問題だ…

この記事は会員限定です。
日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    出川哲朗は枕営業騒動で一番深手…“救いの手”はあるのか

  5. 5

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  6. 6

    小室圭さんが母の元婚約者に“解決金” 支払いは誰が?

  7. 7

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

  8. 8

    小室圭さん400万円で破談寸前に 初動ミスを招いたプライド

  9. 9

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  10. 10

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

もっと見る