経営陣の強気に現場は…旭化成「杭問題」社内で“温度差”

公開日: 更新日:

 経営陣と社員の間にはまだまだ“温度差”があるようだ。杭打ちデータ偽装でグラついた旭化成。浅野敏雄前社長の引責辞任を受け、今月1日に就任した小堀秀毅社長はあくまで強気だ。

 25日に発表した3カ年の「新中期経営計画」では、M&Aを含めて7000億円の投資を実行、最終年度の18年度に売上高2兆2000億円、営業利益1800億円を目指すという。15年度の見通し1兆9540億円、1640億円を上回る業績目標をブチ上げた。

 猛バッシングを浴びた杭問題についても、小堀社長は「マイナス要因はあまり考えていない」とあくまで強気。低迷する住宅受注は「完全復活には時間がかかるが、1、2カ月くらいで戻ってくると期待している」と、回復に自信をのぞかせていた。

 昨年秋から自粛していた広告宣伝も今月から再開したが、一戸建てと集合住宅を合わせた受注金額は、昨年11月から5カ月連続で前年同月比2ケタ減が続いている。同社中堅社員はこうこぼす。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  2. 2

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  3. 3

    あとで困る?故人の銀行口座から貯金を引き出す際の注意点

  4. 4

    「ドクターX」制作未定 “ポスト米倉”は内藤剛志&金田明夫

  5. 5

    検察悩ます黒川氏賭けマージャン告発 不起訴なら非難囂々

  6. 6

    米倉涼子の大誤算…テレビ出演オファーはゼロで舞台に活路

  7. 7

    これぞ波瑠の神秘性?主演ドラマに不満アリも心はガッチリ

  8. 8

    解散・総選挙を打つ力もない安倍総理は早々に見限られる

  9. 9

    派遣社員の雇い止めに続き 12月には正社員の解雇が本格化

  10. 10

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

もっと見る