亀戸「珈琲道場 侍」は“四天王” 武道と相通ずる接客が魅力

公開日: 更新日:

 誰が言ったか知らないが、「東京珈琲四天王」という言葉がある。「珈琲道場 侍」はその一角だ。

 定番のブレンドはニカラグアにあるカサブランカ農園の豆がベース。

 注文ごとに豆をひき、ドリップで入れる。お湯の温度は92度。これを4回に分けて注ぐ。深くもなく、浅くもない絶妙な味わいだ。

 もうひとつの人気商品である水出しコーヒーはホンジュラス産の豆を使う。甘味とコクを出すために、冷水で8時間かけて抽出。これを一晩寝かせて提供する。「水出しだからカフェインとかタンニンが出にくいんですよ」と店長の春日孝仁さん(写真)は言う。

 確かにうまい。「これが四天王の味か」などと思っていると、春日さんはこんなことを言い始めた。

「四天王といわれているほかのお店の中には、サミットで来日した海外の要人にコーヒーを振る舞ったところもあります。それに比べればうちは足元にも及びませんよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河野太郎は防衛相の横滑りに「格下げだ」と難色示し抵抗

  2. 2

    安倍首相も大誤算 進次郎の人気凋落「次の総理」調査9P減

  3. 3

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  4. 4

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  5. 5

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  6. 6

    TOKIO城島の結婚を阻む ジャニーズの「リーダー暗黙の掟」

  7. 7

    台風で倒れたゴルフ場のポールで家屋投壊…責任はどこに?

  8. 8

    小泉進次郎は実績ゼロの焦りから安倍首相の軍門に入り入閣

  9. 9

    人気番組で立て続けに発覚…TBS“やらせ”横行の深刻事情

  10. 10

    未婚世帯vs既婚世帯 生涯年金額「3900万円」の開きがある

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る