【古河電工vs住友金属】非鉄金属でしのぎを削る伝統会社

公開日: 更新日:

 非鉄金属業界で上位にある「古河電気工業」と「住友金属鉱山」の社員待遇を比較してみます。

 古河電工の創業は1884(明治17)年です。この年、古河鉱業(現・古河機械金属)の本所鎔銅所と山田電線製造所が開所されました。古河電工は両社の事業が母体となっています。現在は世界有数の光ファイバー製造会社として知られ、「電線ご三家」の一角に名を連ねています。ただ、時代とともに電線事業の比率は低下し、自動車の電装品をつなぐワイヤハーネスに軸が移っています。

 住友金属は1590(天正18)年に蘇我理右衛門が京都で銅製錬・銅細工を開業したのが始まりです。豊臣秀吉が天下人だったころです。1691(元禄4)年に銅山資源事業を開始。住友の源流を受け継ぐ伝統ある会社で、現在は非鉄金属と電子材料が経営の2本柱となっています。


 業績はどうでしょう。前期(19年3月期)の売上高は古河電工が4736億円(単体)、住友金属は7588億円(同)。経常利益は古河電工の226億円に対し、住友金属はほぼ3倍の776億円でした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  2. 2

    原巨人トレード放出“次の大物”は?田口麗斗電撃移籍の波紋

  3. 3

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  4. 4

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  5. 5

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  6. 6

    内閣広報官に小野日子氏内定 迷走していた後任選び全内幕

  7. 7

    ビールかけで転倒し尻に瓶刺さり流血…10針縫って二次会へ

  8. 8

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  9. 9

    巨人「田口↔広岡」トレードの背景に坂本勇人の後継者問題

  10. 10

    100歳まで生きる時代 老後資金は3つのステージで準備する

もっと見る