小林佳樹
著者のコラム一覧
小林佳樹金融ジャーナリスト

銀行・証券・保険業界などの金融界を40年近く取材するベテラン記者。政界・官界・民間企業のトライアングルを取材の基盤にしている。神出鬼没が身上で、親密な政治家からは「服部半蔵」と呼ばれている。本人はアカデミックな「マクロ経済」を論じたいのだが、周囲から期待されているのはディープな「裏話」であることに悩んで40年が経過してしまった。アナリスト崩れである。

ミツカンのトップ交代と相続問題 創業家から初の女性社長

公開日: 更新日:

 大手食品メーカーのミツカンホールディングス(愛知県半田市)は5月24日、空席となっていた社長に、中埜和英会長(70)の長女で創業家一族の裕子氏(45)が就任した。同社で女性が社長になるのは初めて。和英会長は引き続き全体の指揮を執る。

 ミツカンの社長には原則、代々中埜家出身者が就いてきた。しかし、2014年に創業家以外の初の社長として長谷川研治氏が就任。16年に退任して以降、空席となっていた。なお、次女で専務であった聖子氏(42)も副社長に昇格した。

 このミツカンの社長人事と並行して金融界の話題になっているのが、「ミツカンによる銀座不動産の物色」(メガバンク幹部)だ。

 ミツカンは1804年に中埜又左衛門が半田市に創業した「中埜酢店」がルーツ。その後、数々の合併を経て、現在の規模に成長した。グループ全体の資金調達はミツカンアセットが担う。資産管理は「中埜酢店」が中心となって担っている。

「資産の中心である土地・建物は本人および一族グループ会社名義になっています。現在の当主である和英氏は、過去に高額納税者として度々公示されたことがあり、相当な資産を形成しています。自宅の路線価は7億1000万円となっています」(大手信用情報機関)

創業家継承のアピール

 非上場企業のミツカンにとって最大の課題は会社の人的継承と資産の相続対策と言っていい。「今回の裕子氏の社長就任、聖子氏の副社長昇格は、まさに会社の創業家継承を内外にアピールするものです。同時に近い将来の資産継承に向けて不動産の購入に動いているのでしょう」とメガバンク幹部。銀座など高額不動産の購入は、「相続税を圧縮するため負債をつくる税金対策とみられます」(同)というわけだ。

 また、副社長となる聖子氏を巡っては、2019年に男児が生まれた4日後に、和英夫婦がその男児を「養子」にした「父子引き離し事件」が発生している。これも中埜家の相続を念頭に置いた動きと受け止められる。ミツカンから目が離せない。 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    プーチン大統領の最側近で軍参謀総長「行方不明」報道の不気味…粛清かケガ療養か

    プーチン大統領の最側近で軍参謀総長「行方不明」報道の不気味…粛清かケガ療養か

  2. 2
    あの国営放送が“プーチン戦争”批判を展開!ロシアでいま起こっていること

    あの国営放送が“プーチン戦争”批判を展開!ロシアでいま起こっていること

  3. 3
    プーチン大統領哀れ四面楚歌…北欧2カ国NATO加盟に余裕の笑みも軍事同盟国が“仲間割れ”

    プーチン大統領哀れ四面楚歌…北欧2カ国NATO加盟に余裕の笑みも軍事同盟国が“仲間割れ”

  4. 4
    チケット大量カラ予約で注目…日本体操界が直面する内村航平と村上茉愛の大き過ぎる穴

    チケット大量カラ予約で注目…日本体操界が直面する内村航平と村上茉愛の大き過ぎる穴

  5. 5
    ウッズの全米プロ“下見ラウンド”にツアー仲間から批判の声 クラブプロ帯同しコース情報入手

    ウッズの全米プロ“下見ラウンド”にツアー仲間から批判の声 クラブプロ帯同しコース情報入手

もっと見る

  1. 6
    巨人4番・岡本和が21打席連続無安打…大不振に「2つの要因」元師匠・内田順三氏が指摘

    巨人4番・岡本和が21打席連続無安打…大不振に「2つの要因」元師匠・内田順三氏が指摘

  2. 7
    綾瀬はるかと木村拓哉は惨敗か…ドラマに必要なのは「この先どうなるか」の期待感

    綾瀬はるかと木村拓哉は惨敗か…ドラマに必要なのは「この先どうなるか」の期待感

  3. 8
    日本ハム野村佑希が顔面死球で流血退場してもアッサリ 新庄監督の怖いくらいの“シビアな目”

    日本ハム野村佑希が顔面死球で流血退場してもアッサリ 新庄監督の怖いくらいの“シビアな目”

  4. 9
    華原朋美「男を見る目」だけは涵養されず…離婚ほぼ一直線で歌手活動にまた支障

    華原朋美「男を見る目」だけは涵養されず…離婚ほぼ一直線で歌手活動にまた支障

  5. 10
    山下智久「正直不動産」が絶好調! その裏に透ける不動産業界の“不正直事件”

    山下智久「正直不動産」が絶好調! その裏に透ける不動産業界の“不正直事件”