<4>妻の希望は「駅近の利便性」だが…自宅の安さに比べ中古マンションの価格に仰天

公開日: 更新日:

 埼玉県の熊谷市郊外で築40年の古い一戸建てに住む遠井安男(仮名)。老後の安心・安全を考え、バリアフリー改修、平屋への建て替えを検討したが、妻の不満などから断念。駅前の便利な場所に中古マンションを買えないかと動き出した。

 まずは相場を知っておこうと、駅前の不動産屋を訪問してビックリ。いま住んでいる築40年の住まいの査定額が700万円ほどに下がっているのだから、中古マンションの値段も下がっているだろうと期待していたのだが、とんでもない。安くなっているどころか、むしろ高くなっているように感じる。
<図表>にもあるように、首都圏の中古マンション価格はこの1年で6.5%上がっており、埼玉県西部などはそれ以上の15%もアップしているのだ。

 退職金などの蓄えから、万一への備えを除いて購入に充てられるのは1500万円ほど。それに、現在の家の売却代金を加えても、2200万円。仲介手数料や諸費用などを考えると、購入に充てられるのは2000万円が精いっぱいだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    米国に37歳差カップル誕生 年上彼女は「彼の子供を産みたい!」

    米国に37歳差カップル誕生 年上彼女は「彼の子供を産みたい!」

  2. 2
    3年間まぶたが閉じません! 79歳男性が美容整形失敗、寝る時は目をテープで…

    3年間まぶたが閉じません! 79歳男性が美容整形失敗、寝る時は目をテープで…

  3. 3
    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

  4. 4
    Netflix「新聞記者」海外でも高評価 現実と同じ不祥事描写に安倍夫妻“真っ青”

    Netflix「新聞記者」海外でも高評価 現実と同じ不祥事描写に安倍夫妻“真っ青”

  5. 5
    馬淵優佳が“ゲス不倫夫”瀬戸大也を見限る日 「離婚秒読み」3つの理由を池内ひろ美氏が解説

    馬淵優佳が“ゲス不倫夫”瀬戸大也を見限る日 「離婚秒読み」3つの理由を池内ひろ美氏が解説

もっと見る

  1. 6
    深津絵里にバトンタッチも好調だが…「カムカムエヴリバディ」視聴率10%台の“宿命”

    深津絵里にバトンタッチも好調だが…「カムカムエヴリバディ」視聴率10%台の“宿命”

  2. 7
    吉村知事はデルタ株の教訓生かさず…大阪府がコロナ新規感染全国ワーストになった理由

    吉村知事はデルタ株の教訓生かさず…大阪府がコロナ新規感染全国ワーストになった理由

  3. 8
    東大刺傷事件 逮捕の17歳少年が「勉強」と題しつづった卒業文集と意外な家庭環境

    東大刺傷事件 逮捕の17歳少年が「勉強」と題しつづった卒業文集と意外な家庭環境

  4. 9
    黒木華「ゴシップ」で編集長好演も…マスコミがムロツヨシとの結婚スクープ狙い虎視眈々

    黒木華「ゴシップ」で編集長好演も…マスコミがムロツヨシとの結婚スクープ狙い虎視眈々

  5. 10
    嵐・松本潤ファンが驚いた映画大ヒットと超細身「スーツのサイズは女性の7号?」

    嵐・松本潤ファンが驚いた映画大ヒットと超細身「スーツのサイズは女性の7号?」