• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

中国で日本叩き再燃 「ニコン回収」の次は東芝かユニクロか

 中国の“日本企業イジメ”が再び過熱してきた。今月15日、中国中央テレビは世界消費者権利デーに合わせて放送する「3・15晩会」で、日本を代表する精密メーカー、ニコンを痛烈に批判。同社のデジカメ「D600」は、「撮影した画像に黒い粒状の像が写り込むにもかかわらず、顧客サービスが適切でない」と報じたのだ。

「同番組は過去に米アップルやスタバなども批判していますが、今回は日本企業がターゲットにされた。安倍首相の靖国参拝や尖閣問題と無関係ではないでしょう。だとすれば、この先、日本企業への嫌がらせが頻発する危険があります」(株式評論家の杉村富生氏)

■再燃する不買運動

 ニコン批判は序章に過ぎないということだ。次に狙われるのはどこか。

「中国で東芝への不満が高まっています。今年2月、東芝は約58万台の洗濯機をリコールしましたが、中国では対象製品を販売していないとして、リコールしなかった。ところが、中国メディアは東芝の言い分に納得せず、噛み付いたのです」(経済ジャーナリストの真保紀一郎氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  2. 2

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  3. 3

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  4. 4

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  5. 5

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  6. 6

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  7. 7

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  8. 8

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  9. 9

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  10. 10

    松本伊代&早見優 80年代アイドル歌謡ショーの隠れた需要

もっと見る