中国で日本叩き再燃 「ニコン回収」の次は東芝かユニクロか

公開日:  更新日:

 中国の“日本企業イジメ”が再び過熱してきた。今月15日、中国中央テレビは世界消費者権利デーに合わせて放送する「3・15晩会」で、日本を代表する精密メーカー、ニコンを痛烈に批判。同社のデジカメ「D600」は、「撮影した画像に黒い粒状の像が写り込むにもかかわらず、顧客サービスが適切でない」と報じたのだ。

「同番組は過去に米アップルやスタバなども批判していますが、今回は日本企業がターゲットにされた。安倍首相の靖国参拝や尖閣問題と無関係ではないでしょう。だとすれば、この先、日本企業への嫌がらせが頻発する危険があります」(株式評論家の杉村富生氏)

■再燃する不買運動

 ニコン批判は序章に過ぎないということだ。次に狙われるのはどこか。

「中国で東芝への不満が高まっています。今年2月、東芝は約58万台の洗濯機をリコールしましたが、中国では対象製品を販売していないとして、リコールしなかった。ところが、中国メディアは東芝の言い分に納得せず、噛み付いたのです」(経済ジャーナリストの真保紀一郎氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る