日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ラドン」の次は「磁気玉水」 安倍首相“民間療法”頼みの心理

1万800円の「玉」を水に浸して…

 安倍首相がマイボトルで愛飲する「水」が永田町で話題になっている。衆院予算委員会に水筒を持ち込み、フタを開けてゴクリ。事務方が用意した水は飲もうともしないのだから、相当なご執心だ。

「安倍首相が飲んでいるのは、パチンコ玉大のセラミックボールを浸した〈情報水〉というシロモノです。なんでも磁気を含んでいるとかで、胃腸の働きが良くなり、体調が安定するそうです」(永田町関係者)

 販売元のバイオIT株式会社によると、くだんのセラミックボールは直径1センチで、1個1万800円。漢方やミネラルなど、体にいい成分の磁気情報をバイオIT(生命情報記憶伝達技術)で水に転写。その水と粘土を混ぜて作ったモノだという。本当に体にいいのか、飲んで害はないのか、シロウトには理解不能の商品だが、同社の遠藤一義社長はこう話す。

「弊社は2012年7月設立で、セラミックボールのご愛用者は1000人ほど。安倍首相には創業間もない10月からご利用いただいています。作り方は水1リットルにボール1個を10分間浸すだけです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事