中国新華社に抗議 安倍政権のミエミエな支持率アップ狙い

公開日: 更新日:

 中国の新華社通信が配信した記事に、安倍内閣が敏感に反応した。新華社は25日、「昭和天皇は中国への侵略戦争と太平洋戦争を指揮した侵略戦争の張本人」として、その皇位継承者の天皇に対し、謝罪を求める論評記事を配信。これを中国紙「光明日報」が掲載した。

 これに怒ったのが安倍内閣だ。岸田外相は「天皇陛下に対する礼を著しく失しており、これまで表明されてきた中国側の立場とも相いれないものである。外交ルートを通じて中国側に強く抗議をした」と語った。しかし、この表現に違和感を覚える日本人もいるのではないか。別に新華社の肩を持つ気はないが、謝罪を求めるのは相手の勝手だし、「著しく礼を失する」というのも戦前みたいで大げさだ。

 そこで外務省に「論評のどの部分が礼を失しているのか」「どのような抗議をしたのか」など10項目の質問状を送付した。しかし回答は「本件については、外務大臣が本日の記者会見で述べているとおりです」の一行のみ。これじゃあ、言葉だけが勇ましく躍っている印象だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  2. 2

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

  3. 3

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  4. 4

    大坂なおみ全米2度目Vで稼ぎは? “BLM”貫き米財界が熱視線

  5. 5

    岡部大「エール」で弟子役を好演 菅首相以上の“秋田の星”

  6. 6

    大坂なおみ驚きの“アゲマン効果”…恋人ラッパーは超有名に

  7. 7

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  8. 8

    石破茂氏だけじゃなかった…菅新首相の露骨な「岸田潰し」

  9. 9

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  10. 10

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

もっと見る