中国新華社に抗議 安倍政権のミエミエな支持率アップ狙い

公開日: 更新日:

 中国の新華社通信が配信した記事に、安倍内閣が敏感に反応した。新華社は25日、「昭和天皇は中国への侵略戦争と太平洋戦争を指揮した侵略戦争の張本人」として、その皇位継承者の天皇に対し、謝罪を求める論評記事を配信。これを中国紙「光明日報」が掲載した。

 これに怒ったのが安倍内閣だ。岸田外相は「天皇陛下に対する礼を著しく失しており、これまで表明されてきた中国側の立場とも相いれないものである。外交ルートを通じて中国側に強く抗議をした」と語った。しかし、この表現に違和感を覚える日本人もいるのではないか。別に新華社の肩を持つ気はないが、謝罪を求めるのは相手の勝手だし、「著しく礼を失する」というのも戦前みたいで大げさだ。

 そこで外務省に「論評のどの部分が礼を失しているのか」「どのような抗議をしたのか」など10項目の質問状を送付した。しかし回答は「本件については、外務大臣が本日の記者会見で述べているとおりです」の一行のみ。これじゃあ、言葉だけが勇ましく躍っている印象だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  2. 2

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  3. 3

    ジャニー氏救急搬送で“長男”の役目を放棄したマッチの今後

  4. 4

    東京五輪陸上「日本は世界の笑いモノに」元陸連幹部が警鐘

  5. 5

    96年11.5差逆転された広島OB 巨人の独走止めるヒント伝授

  6. 6

    父と慕ったジャニー氏死去 TOKIOリーダー城島茂はどうなる

  7. 7

    G岡本とカープ誠也…悩める4番が球宴で交わした会話の中身

  8. 8

    「主戦場」デザキ監督 右派の一貫性のなさを見せたかった

  9. 9

    フレッシュ球宴“高卒BIG4”再会で根尾が感じた「プロの壁」

  10. 10

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る