中国新華社に抗議 安倍政権のミエミエな支持率アップ狙い

公開日:  更新日:

 中国の新華社通信が配信した記事に、安倍内閣が敏感に反応した。新華社は25日、「昭和天皇は中国への侵略戦争と太平洋戦争を指揮した侵略戦争の張本人」として、その皇位継承者の天皇に対し、謝罪を求める論評記事を配信。これを中国紙「光明日報」が掲載した。

 これに怒ったのが安倍内閣だ。岸田外相は「天皇陛下に対する礼を著しく失しており、これまで表明されてきた中国側の立場とも相いれないものである。外交ルートを通じて中国側に強く抗議をした」と語った。しかし、この表現に違和感を覚える日本人もいるのではないか。別に新華社の肩を持つ気はないが、謝罪を求めるのは相手の勝手だし、「著しく礼を失する」というのも戦前みたいで大げさだ。

 そこで外務省に「論評のどの部分が礼を失しているのか」「どのような抗議をしたのか」など10項目の質問状を送付した。しかし回答は「本件については、外務大臣が本日の記者会見で述べているとおりです」の一行のみ。これじゃあ、言葉だけが勇ましく躍っている印象だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る