人事で大混乱 ワシントンとNYで“チームトランプ”分裂加速

公開日:

 米メディアに人事をめぐる大混乱を報じられたトランプ次期大統領。さっそく本人が「記事は全くの間違い。とても順調だ」とツイッターで猛反論しているが、政権移行チームが分裂状態なのは間違いなさそうだ。対立の構図は、「ワシントンチーム」VS「ニューヨークチーム」。さながら「既得権益ベッタリの政治のプロ」VS「商売優先の政治シロウト」である。

 人事の混乱が報じられたのは、政権移行チームの中枢2人が外されたことが発端である。クリスティー・ニュージャージー州知事(54)が降格され、クリスティーと近い関係にあるロジャース元米下院情報特別委員会委員長らが解任された。この解任劇を主導したのは、トランプの長女イバンカの夫であるジャレッド・クシュナー(35)とされる。「ニューヨーク」を本拠地とするクシュナーが、「ワシントン」で活動してきた2人を切った形だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る