• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

潮目一変…トランプ相場崩壊で日経平均2500円下落の悪夢

 株式市場に動揺が広がっている。日経平均は2万円まで「あと1円51銭」(16日)まで迫ったものの、その後失速し、一度も2万円に到達することなく大幅下落した。18日は一時、前日比で360円値下がりし、1万9500円の節目を割り込んだ。

「いったんは2万円にタッチすると信じていたのですが、怪しくなってきました。むしろ、このままズルズルと下がり続けるリスクは高まっています」(市場関係者)

 トランプ大統領とロシアに関する「ロシアゲート」疑惑が最大の悪材料だ。トランプの弾劾も懸念され、NYダウは暴落。為替相場はドル安・円高が猛烈に進み、18日は約3週間ぶりに1ドル=110円台の水準となった。

「18日は国内GDPが公表され、年率換算で2.2%増でしたが、株価は大幅下落でした。相場は、好材料に反応しなくなっています。潮目が変わったのです」(株式評論家の倉多慎之助氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    学長会見は“ガキの使い” 日大理事長が絶対表に出ない理由

  2. 2

    元財務省・田中秀明氏 官僚の「政治化」が生んだ忖度体質

  3. 3

    ブームが去って「残念!」…ギター侍・波田陽区さんは今

  4. 4

    石原さとみに未練か “決断できない男”山下智久に心配の声

  5. 5

    天敵の籠池氏保釈で“劇場”再燃 高まる「6.20会期末解散」

  6. 6

    田中圭「おっさんずラブ」 女性ファン狂喜乱舞の“肉体美”

  7. 7

    テレ朝の刑事ドラマを追撃 “ダークな二宮和也”の心意気

  8. 8

    なぜ打ち切った? “上から目線”の日大広報・米倉氏を直撃

  9. 9

    「除名にしろ」の声も 日大アメフト部を待つ予想外の厳罰

  10. 10

    辞めたジャニーズの末路は…山口達也を待ち受ける“地獄道”

もっと見る