路線価また最高額を更新 「銀座バブル」はいつまで続く?

公開日:

「ここが、日本一地価が高い場所か」――東京・銀座4丁目交差点近く、東京鳩居堂本店前を通りかかると、ついそう思ってしまうのは一人や二人じゃないはずだ。

 国税庁が3日に公表した今年の路線価でも、鳩居堂前が32年連続でトップに。1平方メートル当たりナント4032万円(前年比26%増)で、バブル期だった1992年時点の3650万円を上回り、最高額を更新した。

 ちなみに「東京鳩居堂の全体の売り上げは例年25億円程度」(調査会社関係者)というから、地価に比べたら驚くほどでもない。

 その鳩居堂がある中央通り沿いには今年4月、複合施設「GINZA SIX」がオープンするなど、かいわいは相変わらず外国人観光客でごった返している。人が大勢集まる土地の値段が上がるのは当然で、「2020年開催の東京五輪まで“銀座バブル”は続く」(不動産業界関係者)という見方がもっぱらだが、果たして本当か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る