• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

路線価また最高額を更新 「銀座バブル」はいつまで続く?

「ここが、日本一地価が高い場所か」――東京・銀座4丁目交差点近く、東京鳩居堂本店前を通りかかると、ついそう思ってしまうのは一人や二人じゃないはずだ。

 国税庁が3日に公表した今年の路線価でも、鳩居堂前が32年連続でトップに。1平方メートル当たりナント4032万円(前年比26%増)で、バブル期だった1992年時点の3650万円を上回り、最高額を更新した。

 ちなみに「東京鳩居堂の全体の売り上げは例年25億円程度」(調査会社関係者)というから、地価に比べたら驚くほどでもない。

 その鳩居堂がある中央通り沿いには今年4月、複合施設「GINZA SIX」がオープンするなど、かいわいは相変わらず外国人観光客でごった返している。人が大勢集まる土地の値段が上がるのは当然で、「2020年開催の東京五輪まで“銀座バブル”は続く」(不動産業界関係者)という見方がもっぱらだが、果たして本当か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  4. 4

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  5. 5

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  6. 6

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  7. 7

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  8. 8

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

  9. 9

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  10. 10

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

もっと見る