米利上げや政治リスクを吹き飛ばす “ソンタク相場”が始動

公開日:

 米連邦準備制度理事会(FRB)は21日、連邦公開市場委員会(FOMC)で約3カ月ぶりの利上げを決めた。ただ、市場が予想していた「年4回」の利上げではなく、パウエル新議長は「年3回」のペースを維持するとした。

「パウエル新議長は2月下旬の議会証言で、利上げに強気な姿勢を見せていました。それだけに、年4回を想定していたのです。市場は肩透かしを食らった格好です」(三井住友銀行チーフストラテジストの宇野大介氏)

 市場予想に反して、利上げペースが緩やかになると、為替は円高に振れやすくなる。株価にはマイナス要因だ。

「22日の日経平均は円高を見越して、前日比マイナスで寄り付きました。どこまで下げるか……と危惧していたのですが、あっという間にプラス圏に転じ、終値は211円高でした。森友問題など政治リスクも浮上し、株価が上昇する理由はなかったのです。それなのに上昇した。市場では年金が動いたともっぱらです」(市場関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る