ワセダクロニクル渡辺周編集長<3>記事にお金がついてくる

公開日:

 2015年の夏、渡辺は記者仲間と、韓国の調査報道団体の見学に行った。向かったのは、非営利のニュース組織である「ニュース打破」だ。購読料を設けず、4万人の会員の寄付によって運営されている。李明博政権を批判して韓国の大手テレビ局を解雇された記者たちが始めた組織である。

 彼らは解雇された直後、組合の会議室のようなところを間借りした。どうせ、こうやって言論弾圧されるのであれば、一発、華々しいスクープをやって散ろう。そんな覚悟で寄付を募り、スクープを流したら、これがヒット。「次も期待している」「続けてくれ」とどんどん寄付が集まってきたのである。それが今や、4万人。

「打破」では皆が生き生きと働いていた。彼らと飲み、食い、相談した。徐々に「自分も」という熱い思いが突き上げていく。

 しかし、それでも渡辺は逡巡した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る