• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ワセダクロニクル渡辺周編集長<3>記事にお金がついてくる

 2015年の夏、渡辺は記者仲間と、韓国の調査報道団体の見学に行った。向かったのは、非営利のニュース組織である「ニュース打破」だ。購読料を設けず、4万人の会員の寄付によって運営されている。李明博政権を批判して韓国の大手テレビ局を解雇された記者たちが始めた組織である。

 彼らは解雇された直後、組合の会議室のようなところを間借りした。どうせ、こうやって言論弾圧されるのであれば、一発、華々しいスクープをやって散ろう。そんな覚悟で寄付を募り、スクープを流したら、これがヒット。「次も期待している」「続けてくれ」とどんどん寄付が集まってきたのである。それが今や、4万人。

「打破」では皆が生き生きと働いていた。彼らと飲み、食い、相談した。徐々に「自分も」という熱い思いが突き上げていく。

 しかし、それでも渡辺は逡巡した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  3. 3

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  4. 4

    夫がキャディーに…横峯さくらは“内情の功”シード復活の糧

  5. 5

    モリカケ潰しと国威発揚 安倍政権がほくそ笑む“W杯狂騒”

  6. 6

    AKB総選挙1位でも 松井珠理奈に課せられる“ヒールの宿命”

  7. 7

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  8. 8

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  9. 9

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  10. 10

    6年ぶりV逃した有村智恵の衰え…再三のチャンス決められず

もっと見る