• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

CM出演企業を直撃 GW明けに出現する「TOKIO相場」の主役

 GW明け(7日)から、“TOKIO相場”現象が起きる――。兜町関係者がざわついている。

 メンバーの山口達也は、女子高生への強制わいせつ容疑で書類送検され、起訴猶予となった。

「最初の報道があったのは先月25日です。この日からテレビのワイドショーなどでTOKIOが取り上げられ、世間の関心度は高まっています。ところが、株式市場はGWに突入し休場日が多かった。TOKIO関連株が本格的に動き出すのは週明けからという見方が流れているのです」(市場関係者)

 兜町は、南北首脳会談や米長期金利上昇だけでなく、アイドルグループの動向にも反応する。SMAPの解散騒動では、所属レコード会社の親会社などが大幅に値を下げた。

「TOKIOがCM出演しているスズキ、ヤマト運輸(ヤマトHD)、フマキラーは乱高下するかもしれません。実際、第一報が流れた25日にスズキは一時、前日比58円安の5765円に下落しています。ヤマトHDも、報道前の24日(終値)に比べ、27日は一時111円安の2785円まで売られました」(証券アナリスト)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  5. 5

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る