BMWやベンツは本腰 ドイツ勢は日本メーカーの先を行く?

公開日:

 4月11日、BMWはドイツ・ミュンヘン近郊に新たな研究開発センターを開設した。自動運転技術に特化したもので、人工知能(AI)などのITスペシャリストやソフトウエア開発者が約1800人働く。そこでは高度に自動化された走行や完全自動運転を目標に合計80台のテスト車両の試験が日々行われているという。

 自動運転については、ドイツの自動車メーカーも力を入れており、BMWは2月にスペインで開催された世界最大規模の携帯通信関連見本市で、レベル5の完全自動運転車のプロトタイプを初公開した。同社は現在、自動運転のコネクテッドEVを2021年に市販することを柱とした「iNEXT」計画を掲げており、今回の研究開発センターはこの計画の実現に向けた重要な施設となる。

 メルセデス・ベンツ(ダイムラー)も負けてはいない。「自動運転分野でのリーダーを目指す」と豪語しており、すでにレベル2の機能が搭載されている車種を販売している。その機能は「ドライブパイロット」と呼ばれるもので、前車への追従はもちろん、車間距離・車線の維持、車線変更のアシストなど機能はレベル2の自動運転システムでは、現状の自動車メーカーでトップクラスといわれている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る