• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

BMWやベンツは本腰 ドイツ勢は日本メーカーの先を行く?

 4月11日、BMWはドイツ・ミュンヘン近郊に新たな研究開発センターを開設した。自動運転技術に特化したもので、人工知能(AI)などのITスペシャリストやソフトウエア開発者が約1800人働く。そこでは高度に自動化された走行や完全自動運転を目標に合計80台のテスト車両の試験が日々行われているという。

 自動運転については、ドイツの自動車メーカーも力を入れており、BMWは2月にスペインで開催された世界最大規模の携帯通信関連見本市で、レベル5の完全自動運転車のプロトタイプを初公開した。同社は現在、自動運転のコネクテッドEVを2021年に市販することを柱とした「iNEXT」計画を掲げており、今回の研究開発センターはこの計画の実現に向けた重要な施設となる。

 メルセデス・ベンツ(ダイムラー)も負けてはいない。「自動運転分野でのリーダーを目指す」と豪語しており、すでにレベル2の機能が搭載されている車種を販売している。その機能は「ドライブパイロット」と呼ばれるもので、前車への追従はもちろん、車間距離・車線の維持、車線変更のアシストなど機能はレベル2の自動運転システムでは、現状の自動車メーカーでトップクラスといわれている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  3. 3

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  4. 4

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  5. 5

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  10. 10

    「安倍3選」を市場は無視…日経平均5日続伸でも“カヤの外”

もっと見る