オマツリジャパン・加藤優子社長<3>来場者が3年間で10倍増

公開日: 更新日:

 日本各地の「お祭り」盛り上げをビジネスにするベンチャー、オマツリジャパン。加藤氏は2014年7月、勤めていた漬物メーカーを退職した。

 お祭りを手伝っていた横浜の商店街から、「まとまった額の補助金を獲得できた。それを活用してお祭りのサポートをお願いしたい」というオファーがあったのがきっかけだった。翌年11月には株式会社を設立。余暇を利用した活動だったオマツリジャパンが、いよいよ本業となった。

 オマツリジャパンが得意とする、お祭りのコンサルティングはどのように進められるのだろうか。13年から3年で来場者が10倍以上となった、横浜にある商店街のハロウィーンイベントを例に見てみよう。

 その商店街からそう遠くない川崎ではハロウィーンがすでに定着し、多数の来場者を集めていた。「日程も近く、何か特徴を持たせないと、こちらには足を運んでもらえないと考えました」と、加藤氏は振り返る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    滝クリ同居拒否は宣戦布告か?進次郎が怯える“嫁姑バトル”

  2. 2

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  3. 3

    史上最低大河「いだてん」に狙いを定めるN国にNHKは真っ青

  4. 4

    三菱UFJ銀行vs三井住友銀行の給与 老後の蓄えは1億円以上

  5. 5

    “報道キャスター”櫻井翔の評価急上昇 NHKと日テレで争奪戦

  6. 6

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  7. 7

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  8. 8

    コンクリートに7割消える「消費増税2兆円対策」のマヤカシ

  9. 9

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  10. 10

    U18の“二枚看板” 大船渡・佐々木と星陵・奥川に数々の不安

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る