塩水港製糖・久野修慈会長<7>長嶋茂雄さんを口説きました

公開日: 更新日:

「大洋漁業で白洲次郎さんと中部謙吉さんの2人に仕えた経験は、私にとってかけがえのない財産になっている」と振り返る久野氏。中部氏は77年1月、白洲氏も85年11月に鬼籍に入り、ひとつの時代が終わった。久野氏は同社で常務や専務を歴任し、90年まで在籍した。

「政治家になるまでの腰かけのつもりが、結局、四半世紀以上もお世話になってしまった。一番の思い出は白洲さんと経営改革に取り組んだことですが、もうひとつ忘れられないのは大洋球団(現横浜DeNA)の経営にも関わったことです」

 秘書課長に就任し、中部社長の側近となってからは、球団関連の仕事もやらなければならなくなった。中部社長は熱烈な大洋ファンだった。

「60年に日本一になって以降、ずっと下位に低迷していた大洋を再び優勝させたいというのが中部さんの悲願。怪物といわれた作新学院の江川卓投手を偵察に行ったこともあります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  2. 2

    安倍自民は大誤算 首都圏は「最後の1議席」が大激戦に

  3. 3

    維新に5.7億円もの“セルフ領収書”疑惑 参院選直撃は必至

  4. 4

    TV局に「元SMAP使うな」ジャニーズ事務所“圧力”の裏の傲慢

  5. 5

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  6. 6

    「西城秀樹のサインはダメ」と叱ったジャニー喜多川さん

  7. 7

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  8. 8

    まるで被害者ヅラ 昭恵夫人が応援演説で公選法違反のススメ

  9. 9

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

  10. 10

    吉本「契約書なし」にカミついたハリセンボン春菜の正論

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る