塩水港製糖・久野修慈会長<7>長嶋茂雄さんを口説きました

公開日:

「大洋漁業で白洲次郎さんと中部謙吉さんの2人に仕えた経験は、私にとってかけがえのない財産になっている」と振り返る久野氏。中部氏は77年1月、白洲氏も85年11月に鬼籍に入り、ひとつの時代が終わった。久野氏は同社で常務や専務を歴任し、90年まで在籍した。

「政治家になるまでの腰かけのつもりが、結局、四半世紀以上もお世話になってしまった。一番の思い出は白洲さんと経営改革に取り組んだことですが、もうひとつ忘れられないのは大洋球団(現横浜DeNA)の経営にも関わったことです」

 秘書課長に就任し、中部社長の側近となってからは、球団関連の仕事もやらなければならなくなった。中部社長は熱烈な大洋ファンだった。

「60年に日本一になって以降、ずっと下位に低迷していた大洋を再び優勝させたいというのが中部さんの悲願。怪物といわれた作新学院の江川卓投手を偵察に行ったこともあります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る