塩水港製糖・久野修慈会長<7>長嶋茂雄さんを口説きました

公開日:

「大洋漁業で白洲次郎さんと中部謙吉さんの2人に仕えた経験は、私にとってかけがえのない財産になっている」と振り返る久野氏。中部氏は77年1月、白洲氏も85年11月に鬼籍に入り、ひとつの時代が終わった。久野氏は同社で常務や専務を歴任し、90年まで在籍した。

「政治家になるまでの腰かけのつもりが、結局、四半世紀以上もお世話になってしまった。一番の思い出は白洲さんと経営改革に取り組んだことですが、もうひとつ忘れられないのは大洋球団(現横浜DeNA)の経営にも関わったことです」

 秘書課長に就任し、中部社長の側近となってからは、球団関連の仕事もやらなければならなくなった。中部社長は熱烈な大洋ファンだった。

「60年に日本一になって以降、ずっと下位に低迷していた大洋を再び優勝させたいというのが中部さんの悲願。怪物といわれた作新学院の江川卓投手を偵察に行ったこともあります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る