有森隆
著者のコラム一覧
有森隆ジャーナリスト

30年余、全国紙で経済記者。豊富な人脈を生かし取材・執筆中。「『ゴーン神話(マジック)』の終焉 日産を覆う不安の正体」(「月刊現代」2006年12月号)、「C・ゴーン『植民地・日産』の次の獲物(ターゲット)」(同09年1月号)などを執筆。「日産 独裁経営と権力抗争の末路――ゴーン・石原・川又・塩路の汚れた系譜」(さくら舎)を3月に上梓。

大東建託<上>アパートバブル崩壊 株価は年初より大幅下落

公開日: 更新日:

 地主に節税対策のための賃貸住宅を提案。賃貸の仲介から管理、家賃保証といったサービスを一貫して行っている大東建託の2018年4~9月期の連結営業利益は759億円と、前年同期から4%減った。同期間としては6年ぶりの営業減益である。売上高は2%増の7992億円だった。

 減益決算を受け、10月30日の株価は1万3655円の年初来安値をつけた。同高値(1月9日の2万2450円)に比べて4割下落した。その後の株価は1万5000円前後だ。

 地主からアパート建設を受注し、完成後は物件を借り上げて入居者に転貸する「サブリース」方式を取る。一定期間の収益を保証する。

 業績の足を引っ張ったのは利益の大部分を占めるアパート建設だ。

 同事業の売上高は3%減の3133億円、営業利益は10%減の545億円。東京五輪向けの建築工事の本格化に加え、台風や豪雨、震災などの復旧もあって労務費が上昇した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ逮捕に長谷川博己の胸中は…事務所担当者が語る

  2. 2

    ウッズ歴代最多Vの偉業を日本で 賞金以外にいくら稼いだか

  3. 3

    沢尻エリカの再生に尽力も水泡…“実姉”蜷川実花監督の慟哭

  4. 4

    スキャンダルで目くらましする官邸の手法は見抜かれている

  5. 5

    長期の理由は国民洗脳 安倍政権の“桂太郎超え”2887日<上>

  6. 6

    プロ意識欠如し誘惑に負け…沢尻エリカと剛力彩芽の共通項

  7. 7

    自民改選議員を“常習”招待「桜を見る会」で48人違法当選か

  8. 8

    「死ね」暴言の笠りつ子に厳重注意のみ…遅すぎた大甘処分

  9. 9

    芦田愛菜は大絶賛も…“着物姿”を比べられた神田うのの悲哀

  10. 10

    鈴木愛は3週連続Vでも 残り2戦は賞金女王へ“高いハードル”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る