• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

グラチャンバレー 試合開始19時10分のオトナの事情

<20億円かけて赤字必至>

 華やかに見える大会も実情は大変だ。

 バレーボールのワールドグランドチャンピオンズカップ(以下グラチャン)が12日に開幕。全日本女子(世界ランク3位)は開幕戦で欧州王者のロシア(同6位)にセットカウント3―1で勝った。

 今大会は男女とも6カ国が参加。五輪、世界選手権、ワールドカップ(W杯)と並ぶ世界4大大会のひとつだが、五輪切符がかかるW杯や24カ国が出場する世界選手権に比べると注目度は低い。大会経費が20億円以上ともいわれているので、ファンがソッポを向けば赤字は必至だ。

 ある関係者がこう言う。
「来日するチームの航空券以外の費用は日本が持つ。滞在宿泊費、食費、ユニホーム(ソックス含む)の洗濯代などです。その他、1日約1000万円の使用料がかかるといわれる大会会場は1週間前から借り切る。6、7割程度しか売れないチケット収入に日本テレビからの放映権、スポンサー料では厳しいですよ。ちょっとばかりせこい話をすれば、ワールドカップの中継を担当するフジ(テレビ)は、バボちゃん(フジが放送するバレー大会のマスコットキャラクター)グッズが売れているのか、大会スタッフの弁当も日テレさんよりいつも上です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    ベトナムに完封負けも…森保U-21代表は優勝候補の韓国回避

もっと見る