グラチャンバレー 試合開始19時10分のオトナの事情

公開日: 更新日:

<20億円かけて赤字必至>

 華やかに見える大会も実情は大変だ。

 バレーボールのワールドグランドチャンピオンズカップ(以下グラチャン)が12日に開幕。全日本女子(世界ランク3位)は開幕戦で欧州王者のロシア(同6位)にセットカウント3―1で勝った。

 今大会は男女とも6カ国が参加。五輪、世界選手権、ワールドカップ(W杯)と並ぶ世界4大大会のひとつだが、五輪切符がかかるW杯や24カ国が出場する世界選手権に比べると注目度は低い。大会経費が20億円以上ともいわれているので、ファンがソッポを向けば赤字は必至だ。

 ある関係者がこう言う。
「来日するチームの航空券以外の費用は日本が持つ。滞在宿泊費、食費、ユニホーム(ソックス含む)の洗濯代などです。その他、1日約1000万円の使用料がかかるといわれる大会会場は1週間前から借り切る。6、7割程度しか売れないチケット収入に日本テレビからの放映権、スポンサー料では厳しいですよ。ちょっとばかりせこい話をすれば、ワールドカップの中継を担当するフジ(テレビ)は、バボちゃん(フジが放送するバレー大会のマスコットキャラクター)グッズが売れているのか、大会スタッフの弁当も日テレさんよりいつも上です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    巨人投壊の犯人は誰?桑田補佐「投げ込み奨励」が目の敵に

  3. 3

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  4. 4

    大谷二刀流が意外な不人気の謎解き 報道とファンは対照的

  5. 5

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  6. 6

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  9. 9

    菅野の故障で巨人が“腕まくり”引き留めに破格の40億円用意

  10. 10

    ポスト夏目三久は誰?引退で熾烈な“椅子取りゲーム”が勃発

もっと見る