世界中が羨んだ オランダ監督ファンハールの“費用対効果”

公開日:  更新日:

 前回準優勝のオランダ代表を率いたファンハール監督(62)。3位に終わったものの、その評価が世界中でうなぎ上りだ。

 オランダは今大会前、前回覇者のスペインや南米の古豪チリと1次リーグで同組に入ったこともあり、下馬評はイマイチ。大手ブックメーカーの優勝オッズでも五指に入っていなかった。

 ところが、いざ開幕すると、試合終盤に投入するサブの選手が次々に活躍し、スペイン、チリに圧勝。グループ1位で1次リーグを突破し、決勝トーナメントでも強豪国を次々と撃破。準決勝でアルゼンチンにPK戦で敗れたものの、「ファンハール・マジック」が注目を集めた。今や「オランダ史上最高の監督」と評されている。

 高い評価は年俸が安いことも大きい。

 同監督は今大会終了後、年俸4億円でイングランドの強豪クラブ「マンチェスター・ユナイテッド」の監督に就任することが決定済みだが、12年から3年間率いたオランダ代表監督の年俸はおよそ2億5000万円。これはロシア・カペッロ監督(年俸約9億5000万円)、ブラジル・スコラリ監督(同6億円)、イングランド・ホジソン監督(同5億5000万円)、ドイツ・レーウ監督(同3億5000万円)らに比べるとかなり「お得感」がある。各国のサッカー協会幹部らは、「ウチも招聘できたのではないか」と苦虫をかみつぶしているというのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る