世界中が羨んだ オランダ監督ファンハールの“費用対効果”

公開日: 更新日:

 前回準優勝のオランダ代表を率いたファンハール監督(62)。3位に終わったものの、その評価が世界中でうなぎ上りだ。

 オランダは今大会前、前回覇者のスペインや南米の古豪チリと1次リーグで同組に入ったこともあり、下馬評はイマイチ。大手ブックメーカーの優勝オッズでも五指に入っていなかった。

 ところが、いざ開幕すると、試合終盤に投入するサブの選手が次々に活躍し、スペイン、チリに圧勝。グループ1位で1次リーグを突破し、決勝トーナメントでも強豪国を次々と撃破。準決勝でアルゼンチンにPK戦で敗れたものの、「ファンハール・マジック」が注目を集めた。今や「オランダ史上最高の監督」と評されている。

 高い評価は年俸が安いことも大きい。

 同監督は今大会終了後、年俸4億円でイングランドの強豪クラブ「マンチェスター・ユナイテッド」の監督に就任することが決定済みだが、12年から3年間率いたオランダ代表監督の年俸はおよそ2億5000万円。これはロシア・カペッロ監督(年俸約9億5000万円)、ブラジル・スコラリ監督(同6億円)、イングランド・ホジソン監督(同5億5000万円)、ドイツ・レーウ監督(同3億5000万円)らに比べるとかなり「お得感」がある。各国のサッカー協会幹部らは、「ウチも招聘できたのではないか」と苦虫をかみつぶしているというのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    6億円FAが補欠かも…巨人炭谷の正捕手を阻む小林の“鬼肩”

  2. 2

    安倍首相またウソ “自衛官の息子涙目”逸話には元ネタあり

  3. 3

    官邸文書申し入れ問題 記者イジメなぜ内閣記者会ダンマリ

  4. 4

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

  5. 5

    夏の甲子園準Vの日本文理野球部で…窃盗事件もみ消し疑惑

  6. 6

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  7. 7

    ゲレーロ濃厚も…巨人の“超大穴”左翼を他球団が密かに警戒

  8. 8

    まるで残尿内閣…統計不正キーマン“チョロ出し”の時間稼ぎ

  9. 9

    日本初「事業再生支援会社」の着手案件が次々と破綻危機

  10. 10

    乙武さんがハーフ美女と再婚へ 日刊ゲンダイもデート目撃

もっと見る