日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

サッカーU21日本代表 準々決勝韓国戦はメンタルがカギ握る

 アジア大会・サッカー決勝トーナメント1回戦でU―21日本代表が昨25日、パレスチナ代表相手にゴール4発で圧勝。同日に香港代表を3―0で下した地元・韓国代表と28日の準々決勝(午後5時開始)で対戦する。

 選手の細かいデータ不足もあって「不気味で侮れない」といわれていたパレスチナだが、序盤から日本が圧倒した。前半17分、攻め上がったMF遠藤航(21=湘南)が先制ゴール。28分には、FW鈴木武蔵(20=新潟)が高い打点のヘッドで2点目をゲットした。

 後半も日本が優位に試合を進め、28分にFW荒野拓馬(21=札幌)が、37分にはMF原川力(20=愛媛)がゴールに流し込み、日本が危なげなく準々決勝進出を決めた。

「パレスチナは決勝T進出の達成感からか、持ち前のアグレッシブさが感じられず、コンディション的にもいまひとつの印象を受けた。個々の選手の技術、戦術眼、コンビネーションで数段上の日本の順当勝ちです」と話すサッカーライターの平野史氏。しかし次の韓国戦で「日本の勝機があるとしても、それは非常に薄い」とこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事