サッカー男子U-21 決勝Tパレスチナは最も不気味な相手

公開日: 更新日:

 アジア大会サッカー男子のU―21日本代表が21日、ネパールを4─0で下し、決勝トーナメント1回戦でパレスチナ代表と対戦する(25日午後5時キックオフ)。

 日本代表の国際サッカー連盟(FIFA)の世界ランクは48位。対するネパールは183位。格下相手に日本は序盤から攻めあぐね、前半の得点はFW野津田岳人(20=広島)のミドルシュート1本だけ。それでも後半はネパールの選手の足が止まり始め、FW鈴木武蔵(20=新潟)の2ゴールなどで振り切った。

「ランク通りの順当勝ちだが、日本の不安材料が露呈した試合だった」とサッカージャーナリストの六川亨氏が言う。

「90分を通して試合を支配しているとはいえ、地上戦にこだわり過ぎて攻め手を欠く場面が少なくなかった。相手GKはハイボールに弱く、不安定なプレーが目立った。ハイクロスやGKとDFの間に高速クロスを放り込むなどして守備網をパニックに陥らせるとか、ベンチも選手も工夫が欲しかった。不用意なパスミスが目についたのも、大いに気になるところ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  4. 4

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  5. 5

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  6. 6

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

  7. 7

    千原せいじ消滅危機…2度の不倫疑惑でテレビ局「出禁」状態

  8. 8

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  9. 9

    杏にのしかかる東出不倫の代償5億円 映画再撮で離婚に拍車

  10. 10

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る