サッカー男子U-21 決勝Tパレスチナは最も不気味な相手

公開日:  更新日:

 アジア大会サッカー男子のU―21日本代表が21日、ネパールを4─0で下し、決勝トーナメント1回戦でパレスチナ代表と対戦する(25日午後5時キックオフ)。

 日本代表の国際サッカー連盟(FIFA)の世界ランクは48位。対するネパールは183位。格下相手に日本は序盤から攻めあぐね、前半の得点はFW野津田岳人(20=広島)のミドルシュート1本だけ。それでも後半はネパールの選手の足が止まり始め、FW鈴木武蔵(20=新潟)の2ゴールなどで振り切った。

「ランク通りの順当勝ちだが、日本の不安材料が露呈した試合だった」とサッカージャーナリストの六川亨氏が言う。

「90分を通して試合を支配しているとはいえ、地上戦にこだわり過ぎて攻め手を欠く場面が少なくなかった。相手GKはハイボールに弱く、不安定なプレーが目立った。ハイクロスやGKとDFの間に高速クロスを放り込むなどして守備網をパニックに陥らせるとか、ベンチも選手も工夫が欲しかった。不用意なパスミスが目についたのも、大いに気になるところ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る