• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

サッカー男子U-21 決勝Tパレスチナは最も不気味な相手

 アジア大会サッカー男子のU―21日本代表が21日、ネパールを4─0で下し、決勝トーナメント1回戦でパレスチナ代表と対戦する(25日午後5時キックオフ)。

 日本代表の国際サッカー連盟(FIFA)の世界ランクは48位。対するネパールは183位。格下相手に日本は序盤から攻めあぐね、前半の得点はFW野津田岳人(20=広島)のミドルシュート1本だけ。それでも後半はネパールの選手の足が止まり始め、FW鈴木武蔵(20=新潟)の2ゴールなどで振り切った。

「ランク通りの順当勝ちだが、日本の不安材料が露呈した試合だった」とサッカージャーナリストの六川亨氏が言う。

「90分を通して試合を支配しているとはいえ、地上戦にこだわり過ぎて攻め手を欠く場面が少なくなかった。相手GKはハイボールに弱く、不安定なプレーが目立った。ハイクロスやGKとDFの間に高速クロスを放り込むなどして守備網をパニックに陥らせるとか、ベンチも選手も工夫が欲しかった。不用意なパスミスが目についたのも、大いに気になるところ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  2. 2

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  3. 3

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  4. 4

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  5. 5

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  6. 6

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  7. 7

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  8. 8

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  9. 9

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  10. 10

    電撃辞任後は連勝も…楽天“ポスト梨田”に挙がる2人の名前

もっと見る