準決勝で王者ジョコビッチと対戦 劣勢跳ね返す錦織の強み

公開日:  更新日:

 年間成績上位8人による今季最終戦「ATPツアー・ファイナル」。B組2位で15日の準決勝に進む錦織圭(24=世界ランク5位・顔写真)の対戦相手はA組1位のジョコビッチ(27=同1位)に決まった。B組1位のフェデラー(33=同2位)はA組2位のワウリンカ(29=同4位)と戦う。

 準決勝の結果がどうであれ、錦織は来季も大舞台で活躍できそうな「データ」がある。

 フェデラーのファイナル(当時はマスターズ・カップ)初出場は21歳。02年大会だった。1次リーグはB組3連勝で1位通過。準決勝では当時世界一のA組2位ヒューイットにフルセットの末、負けたが、その翌年に優勝。この年はウィンブルドンで4大大会のタイトルを初めて手にした。

 ジョコビッチのファイナル初出場は20歳。世界ランクでベスト10入りした07年大会だった。1次リーグは3試合ともストレート負けしたものの、翌年は全豪で優勝。4大大会に初めて勝ち、年末のファイナルも制した。ということは、今年ファイナル初出場の錦織も…ということになるのだが。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る