全豪オープン 錦織は難敵アルマグロに“粘り勝ち”で好発進

公開日:  更新日:

 世界ランク5位の錦織圭(25)が20日、4大大会初戦となる全豪オープン1回戦で同69位のニコラス・アルマグロ(29=スペイン)に粘り勝ち、2回戦に駒を進めた。

 セットカウントこそ3-0ながら、楽な戦いではなかった。

 アルマグロのランキングは昨年5月の全仏オープンで左ヒザを負傷し途中棄権、6月に手術を受け長期休養していた影響が大きい。11年には世界9位となり、4大大会で4度も8強入り。ATPツアー12勝の猛者である。今月のシドニーの大会でツアー復帰し、すでに左ヒザは万全の状態に戻りつつある。

 現地で取材を続けるテニスジャーナリストの塚越亘氏はこう話す。

「アルマグロは感情を表に出すファイタータイプ。泥くさくコートを走り回り追わなくてもいいボールでも最後まであきらめずにボールを追うなど、粘り強いラリーが持ち味の厄介な相手です。相手が強ければ強いほど燃える性格でもあります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  4. 4

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  5. 5

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

もっと見る