錦織が全英へ収穫の4強入り 決勝進出なら世界4位に浮上

公開日:  更新日:

 錦織圭(25)が苦しみながらも2年連続4強に進出した。

 19日のゲリー・ウェバー・オープン(独・ハレ)準々決勝で、世界ランク51位のヤノビチ(24=ポーランド)を6-4、5-7、6-3で下した。

 ヤノビチは身長203センチで、高速サーブが武器のビッグサーバー。球足が速く、バウンドが低い芝のコートが不得手な錦織にとって、難敵に競り勝ったのは収穫か。

 29日から始まる4大大会のウィンブルドン(全英オープン)は同じ芝のコート。芝でビッグサーバー相手に得意のラリー戦まで持ち込めたばかりか、ウィンブルドンに第4シードで出場できる可能性が出てきたからだ。

 錦織は現在世界ランク5位。今大会前まで全仏覇者で同4位のバブリンカ(30=スイス)と220点差あったものの、バブリンカが今大会と並行してロンドンで行われているエイゴン選手権2回戦でまさかの敗退。この結果、錦織は今大会で決勝に進出すれば、ビッグ4の仲間入りを果たすことが可能になった。

「本当にタフな試合だった。勝ててうれしい。(ウィンブルドンの前に)1試合でも多く経験することが大切」とは試合後の本人だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る