漏れてきた“不協和音” なでしこ「イングランド戦」の不安材料

公開日:  更新日:

 ここまで5試合の計7得点は、すべて異なる選手が決めたているサッカー女子日本代表。

 1日(日本時間あす2日午前8時開始)のW杯準決勝のイングランド戦を控え、佐々木監督は「全員攻撃、全員守備ができているからかもしれない」と話すし、まだ得点のないFW大野忍(31)も「いろいろな選手が点を取れているのは強み」と言うものの、逆に言えば決めるべき人が決めていない、絶対的なストライカーが機能していない証しでもある。

■大儀見のメンタルを問題視する声

 その代表格がFW大儀見優季(27)だろう。12―13年シーズン、ポツダム(ドイツ)でリーグ得点王。日本代表のエースFWが、ここまで5試合で1次リーグの1得点(対エクアドル戦)にとどまっている。

 大儀見は4年前のW杯中に川澄奈穂美(29)にレギュラーの座を奪われた。それで持ち前の反骨心に火が付いた。苦節4年。海外で実績を積み、今回のW杯に照準を合わせて調整してきた。体もシェイプアップして、コンディショニングもバッチリ。心身ともに充実しているはずだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  3. 3

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  4. 4

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  5. 5

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  6. 6

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

  7. 7

    虎ファンのヤジもどこ吹く風 阪神ドラ1近本の意外な評判

  8. 8

    石原さとみ結婚or破局? 報道が“真っ二つ”に分かれるワケ

  9. 9

    専門家が解説 空き家処分で悩んだら「3つの選択肢」から

  10. 10

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

もっと見る