漏れてきた“不協和音” なでしこ「イングランド戦」の不安材料

公開日:  更新日:

 ここまで5試合の計7得点は、すべて異なる選手が決めたているサッカー女子日本代表。

 1日(日本時間あす2日午前8時開始)のW杯準決勝のイングランド戦を控え、佐々木監督は「全員攻撃、全員守備ができているからかもしれない」と話すし、まだ得点のないFW大野忍(31)も「いろいろな選手が点を取れているのは強み」と言うものの、逆に言えば決めるべき人が決めていない、絶対的なストライカーが機能していない証しでもある。

■大儀見のメンタルを問題視する声

 その代表格がFW大儀見優季(27)だろう。12―13年シーズン、ポツダム(ドイツ)でリーグ得点王。日本代表のエースFWが、ここまで5試合で1次リーグの1得点(対エクアドル戦)にとどまっている。

 大儀見は4年前のW杯中に川澄奈穂美(29)にレギュラーの座を奪われた。それで持ち前の反骨心に火が付いた。苦節4年。海外で実績を積み、今回のW杯に照準を合わせて調整してきた。体もシェイプアップして、コンディショニングもバッチリ。心身ともに充実しているはずだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  7. 7

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  8. 8

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

  9. 9

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る