日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

アジア系初のMLB監督ドン・ワカマツ語る日本人選手の素顔

 アジア系米国人初のMLB監督として知られるのがドン・ワカマツ現ロイヤルズ・ベンチコーチ(52)だ。

 マリナーズで指揮を執った09年にはイチロー(現マーリンズ)、城島(前阪神)のボスとして日本でも話題に。昨季は青木が所属したロイヤルズのベンチコーチとしてチームの29年ぶりのワールドシリーズ進出に尽力した。日本人選手と関わりの深い日系3世の同コーチに、日本人選手について聞いた。

――日本人選手は使いやすいですか?

「日本の野球は要求も規律も厳しい。日本で学んだことが、こちらで役に立っているのだと思う。彼らはプロ意識も高く勤勉。レンジャーズのコーチ時代は大塚晶文もいて、とてもいい関係だった。私は彼らと関われたことをとても光栄に思っている」

――マリナーズの監督に就任した際、イチローと初めて接した時のことは覚えてますか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事