• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

松山暫定10位浮上 見事なパット修正で8バーディーの猛攻

投稿日:  更新日:

【全英オープン】(セントアンドルーズ・オールドC・7297ヤード/パー72)

 大会2日目は早朝にバケツをひっくり返したようなドシャ降り。コース内はいたるところにみるみる水たまりができて、3時間14分もプレーが中断した。

 そのため、当初は現地時間2時34分だった松山英樹(23)のティータイムは5時48分にずれ込み、日本ツアーでは考えられない遅い時間にプレーすることになった。

 初日の松山はバーディーチャンスを何度も外して、同組の世界ランク2位J・スピース(21)、同4位のD・ジョンソン(31)に大きく後れを取った。ジョンソンが7アンダー首位、スピースは5アンダー8位タイ。松山はイーブンパー64位タイと、勢いのある2人についていけず完全に“カヤの外”だった。

 松山はショットには問題がなくグリーン上のパットがブレーキだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  2. 2

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  5. 5

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  6. 6

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  7. 7

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  10. 10

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

もっと見る