日ハム大谷“温存”が裏目…首位ソフトBの背中さらに遠のく

公開日: 更新日:

 日本ハムのエース・大谷翔平(21)が7月24日の西武戦で11勝目を挙げたのを最後に登板していない。

 栗山監督は大谷を上位との対戦で先発させると示唆していた。故障という話は聞かないからおそらく、あす4日からの首位・ソフトバンクとの3連戦で投げさせるつもりなのだろう。首位との直接対決でゲーム差を少しでも縮める計算に違いない。

 勝ち星の計算できる大谷の登板間隔をわざわざ広げ、出来た谷間に今季未勝利の右腕を先発で起用した。そうやってエースの登板を見合わせた先週、下位のオリックスロッテに負け越し。昨2日のロッテ戦は1点ビハインドの終盤、勝ちパターンの宮西、増井をつぎ込みながら打線が沈黙した。

 ソフトバンクとの直接対決を前にその差は8.5ゲームに。大谷を使う以前にパは「1強」の様相を呈してしまったのだから、エース温存は裏目というしかない。

 試合後の栗山監督はソフトバンク戦を前に「すべてを出し切り、しっかりとやっていく以外にない」と話したが、ソフトバンクの尻尾はすでにはるか向こうへ遠ざかってしまった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    昭恵夫人 居酒屋は小池号令厳守も“闇紳士”逮捕で疑惑再燃

  4. 4

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  5. 5

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  6. 6

    吉村知事の危うい“人体実験” うがい薬騒動に専門家も警鐘

  7. 7

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  8. 8

    照ノ富士Vの裏で…白鵬と鶴竜の休場癖に武蔵川親方も苦言

  9. 9

    惜しむ声多数も…高岡蒼佑「俳優引退報告」なぜ今なのか?

  10. 10

    小池女帝の見切り発車「午後10時閉店」に都庁さえも大混乱

もっと見る