• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日ハム大谷“温存”が裏目…首位ソフトBの背中さらに遠のく

 日本ハムのエース・大谷翔平(21)が7月24日の西武戦で11勝目を挙げたのを最後に登板していない。

 栗山監督は大谷を上位との対戦で先発させると示唆していた。故障という話は聞かないからおそらく、あす4日からの首位・ソフトバンクとの3連戦で投げさせるつもりなのだろう。首位との直接対決でゲーム差を少しでも縮める計算に違いない。

 勝ち星の計算できる大谷の登板間隔をわざわざ広げ、出来た谷間に今季未勝利の右腕を先発で起用した。そうやってエースの登板を見合わせた先週、下位のオリックスとロッテに負け越し。昨2日のロッテ戦は1点ビハインドの終盤、勝ちパターンの宮西、増井をつぎ込みながら打線が沈黙した。

 ソフトバンクとの直接対決を前にその差は8.5ゲームに。大谷を使う以前にパは「1強」の様相を呈してしまったのだから、エース温存は裏目というしかない。

 試合後の栗山監督はソフトバンク戦を前に「すべてを出し切り、しっかりとやっていく以外にない」と話したが、ソフトバンクの尻尾はすでにはるか向こうへ遠ざかってしまった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    菅長官が“枚方市”を誤読し大炎上…被災自治体「抗議した」

  3. 3

    9歳女児が下敷きに “違法建築ブロック塀”誰が有罪になる?

  4. 4

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  5. 5

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  6. 6

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  7. 7

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  8. 8

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

もっと見る