日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日ハム大谷“温存”が裏目…首位ソフトBの背中さらに遠のく

 日本ハムのエース・大谷翔平(21)が7月24日の西武戦で11勝目を挙げたのを最後に登板していない。

 栗山監督は大谷を上位との対戦で先発させると示唆していた。故障という話は聞かないからおそらく、あす4日からの首位・ソフトバンクとの3連戦で投げさせるつもりなのだろう。首位との直接対決でゲーム差を少しでも縮める計算に違いない。

 勝ち星の計算できる大谷の登板間隔をわざわざ広げ、出来た谷間に今季未勝利の右腕を先発で起用した。そうやってエースの登板を見合わせた先週、下位のオリックスとロッテに負け越し。昨2日のロッテ戦は1点ビハインドの終盤、勝ちパターンの宮西、増井をつぎ込みながら打線が沈黙した。

 ソフトバンクとの直接対決を前にその差は8.5ゲームに。大谷を使う以前にパは「1強」の様相を呈してしまったのだから、エース温存は裏目というしかない。

 試合後の栗山監督はソフトバンク戦を前に「すべてを出し切り、しっかりとやっていく以外にない」と話したが、ソフトバンクの尻尾はすでにはるか向こうへ遠ざかってしまった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事