打は復調も投で連敗…ハム大谷“二刀流”は順風満帆といかず

公開日:  更新日:

 マウンド上でブ然としているのは日本ハムの大谷翔平(21)。11日の西武戦に先発したものの今季3敗目を喫した。

 立ち上がりから低めにボールを集め、西武打線を翻弄。六回まで2安打無失点の好投も、1点リードの七回1死二塁からメヒアに逆転2ランを許した。大谷はこれで4日のソフトバンク戦に続き2連敗。自身シーズン最多となる12勝目はまたしてもお預けになった。

 今季の大谷は開幕から無傷の7連勝をマークしながら、打っては打率1割台と精彩を欠いていた。ところが8月に入ると打撃が上向き始め、ここ2試合はいずれも代打で本塁打とサヨナラ打。ようやくバットが振れてきたと思ったら、今度は投げて黒星続き。やはり二刀流は一筋縄ではいかない……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  3. 3

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  4. 4

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  5. 5

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  6. 6

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  7. 7

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  8. 8

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  9. 9

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  10. 10

    渋谷、浅草、築地…メジャーリーガーは昼間の観光に大忙し

もっと見る