照ノ富士に土で優勝争い混沌 横綱・鶴竜が虎視眈々賜杯狙う

公開日:  更新日:

 自身への怒りか敗戦の恥ずかしさか、照ノ富士の顔は真っ赤に紅潮していた。

 相手はこれまで負けなしの5勝とカモにしてきた栃煌山。そこに油断があった。強引な小手投げで隙をつくってしまうと、懐にもぐられて寄り切られた。今場所初黒星。2敗力士、3敗力士ともに2人ずつおり、賜杯の行方はいよいよ混沌としてきた。

 ここまで9月場所の主役は照ノ富士だった。初日から圧倒的な強さで11連勝。負けた瞬間は結びの一番でもないのに座布団が数枚飛ぶなど、誰もが優勝を信じて疑わなかった。

 しかし、残り3日間となった9月場所のカギを握るのは照ノ富士ではない。この一番を土俵下で静かに見ていた横綱鶴竜(30)だ。琴奨菊との接戦を制し、10勝2敗。優勝の可能性は十分にある。

 角界OBは「今場所がどう転ぶかは鶴竜次第」と言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

もっと見る