• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

照ノ富士に土で優勝争い混沌 横綱・鶴竜が虎視眈々賜杯狙う

 自身への怒りか敗戦の恥ずかしさか、照ノ富士の顔は真っ赤に紅潮していた。

 相手はこれまで負けなしの5勝とカモにしてきた栃煌山。そこに油断があった。強引な小手投げで隙をつくってしまうと、懐にもぐられて寄り切られた。今場所初黒星。2敗力士、3敗力士ともに2人ずつおり、賜杯の行方はいよいよ混沌としてきた。

 ここまで9月場所の主役は照ノ富士だった。初日から圧倒的な強さで11連勝。負けた瞬間は結びの一番でもないのに座布団が数枚飛ぶなど、誰もが優勝を信じて疑わなかった。

 しかし、残り3日間となった9月場所のカギを握るのは照ノ富士ではない。この一番を土俵下で静かに見ていた横綱鶴竜(30)だ。琴奨菊との接戦を制し、10勝2敗。優勝の可能性は十分にある。

 角界OBは「今場所がどう転ぶかは鶴竜次第」と言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  5. 5

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る