松山初日敗れた「プレジデンツ杯」 韓国でアジア初開催の理由

公開日: 更新日:

 米国選抜と世界選抜による対抗戦「プレジデンツカップ」が、8日から韓国・仁川のジャック・ニクラスGCで開催されている。

 2大会連続出場の松山英樹(23)は「自分のいいところを出せるように頑張る」と抱負を語ったものの、初日はアダム・スコット(35=豪)と組み、バッバ・ワトソン(36)、J・B・ホームズ(33)組とフォアサムの対戦し、3アンド2で敗れた。

 今大会は史上初めてのアジア開催。日本ではなく、なぜ韓国に決まったのか。米ゴルフ事情に詳しい吉川英三郎氏がこう言う。

「過去、日本ゴルフツアー機構も大会招致に動いたことがありましたが、15億円以上もの開催費用がかかり、政府を挙げてのバックアップも得られなかったので、実現しませんでした。その点、韓国は政府の全面支援もあり、男女とも米ツアーで活躍する選手が多いことから、国民の関心も高い。金銭面でのスポンサーもつきやすい。日本よりも先に大会を招致することに必死だったのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    横浜にカジノ不要 藤木幸夫氏が危惧する「戦前に似た空気」

  2. 2

    所属議員も鼻白む 自民党“ネトウヨ冊子”配布で参院選対策

  3. 3

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  4. 4

    マエケンから一発の大谷 球宴HR競争出場をハーパー後押し

  5. 5

    八幡カオルさんは試行錯誤の末“セクシー写真集”を自費出版

  6. 6

    「断熱オタク」に聞いた エコ住宅がなぜ広まらないのか?

  7. 7

    大谷の打撃をエ軍首脳陣“放任”へ 凡打での助言が今季激減

  8. 8

    焼き肉業界に足かけ7年 元ロッテ藤田宗一さんの第二の人生

  9. 9

    フジ月9出演も決定 「なつぞら」母親対決は山口智子に軍配

  10. 10

    ソニーだけが1000万円超え 大手電機8社の「平均給与」は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る