日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

松山初日敗れた「プレジデンツ杯」 韓国でアジア初開催の理由

 米国選抜と世界選抜による対抗戦「プレジデンツカップ」が、8日から韓国・仁川のジャック・ニクラスGCで開催されている。

 2大会連続出場の松山英樹(23)は「自分のいいところを出せるように頑張る」と抱負を語ったものの、初日はアダム・スコット(35=豪)と組み、バッバ・ワトソン(36)、J・B・ホームズ(33)組とフォアサムの対戦し、3アンド2で敗れた。

 今大会は史上初めてのアジア開催。日本ではなく、なぜ韓国に決まったのか。米ゴルフ事情に詳しい吉川英三郎氏がこう言う。

「過去、日本ゴルフツアー機構も大会招致に動いたことがありましたが、15億円以上もの開催費用がかかり、政府を挙げてのバックアップも得られなかったので、実現しませんでした。その点、韓国は政府の全面支援もあり、男女とも米ツアーで活躍する選手が多いことから、国民の関心も高い。金銭面でのスポンサーもつきやすい。日本よりも先に大会を招致することに必死だったのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事