「鬼軍曹務まる?」の声も オリ新HC西村氏が持つ“別の顔”

公開日: 更新日:

 30年来の親友が手を取り合った。

 15日、オリックスは福良新監督(55)の下、来季の首脳陣を発表。ヘッドコーチに抜擢されたのが、福良監督の社会人時代からの盟友、元ロッテ監督の西村徳文氏(55)だ。西村コーチがロッテ時代も福良監督(当時は日本ハムコーチ)を招聘する話はあったが、ようやく念願がかなったようだ。

 気になるのがヘッドコーチとしての役割だ。戦略、戦術面はもとより、「鬼軍曹」役が求められるポジション。監督に選手の不満の矛先が向くと、チームは崩壊しかねない。そこで、ヘッドコーチが憎まれ役を買って出る。今季も巨人の川相ヘッド、中日の森ヘッドなどはその筆頭。前西武監督の伊原氏も、巨人のヘッドコーチ時代は選手から恐れられていた。

 西村コーチは指揮官時代、温厚で知られた。選手を責めることもめったになかった。とても「鬼軍曹」に向いてないと思われがちだが、ロッテOBは「まったく心配ない」と言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮迫ら闇営業11人処分! 吉本興業「遅すぎた決断」の代償

  2. 2

    “仰天婚”山里と“闇営業解雇”入江 吉本芸人の明暗クッキリ

  3. 3

    NGT48崩壊の足音 “山口真帆派”高沢&渡邉が活動辞退を表明

  4. 4

    離婚で女性の敵に…ビートたけしを待ち受けるイバラの道

  5. 5

    安倍首相「他の制度示した人いない」年金議論ガン無視発言

  6. 6

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  7. 7

    八村塁もいずれは大富豪 NBA選手の副収入が“ハンパない”

  8. 8

    「闇営業」謹慎処分で一番ワリを食ったガリットチュウ福島

  9. 9

    日ハム輝星は3回5失点KOでも…中日打者から相次ぐ称賛の声

  10. 10

    ドラマ内定情報も 山口真帆“リベンジの狼煙”早くも上がる

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る