「鬼軍曹務まる?」の声も オリ新HC西村氏が持つ“別の顔”

公開日:  更新日:

 30年来の親友が手を取り合った。

 15日、オリックスは福良新監督(55)の下、来季の首脳陣を発表。ヘッドコーチに抜擢されたのが、福良監督の社会人時代からの盟友、元ロッテ監督の西村徳文氏(55)だ。西村コーチがロッテ時代も福良監督(当時は日本ハムコーチ)を招聘する話はあったが、ようやく念願がかなったようだ。

 気になるのがヘッドコーチとしての役割だ。戦略、戦術面はもとより、「鬼軍曹」役が求められるポジション。監督に選手の不満の矛先が向くと、チームは崩壊しかねない。そこで、ヘッドコーチが憎まれ役を買って出る。今季も巨人の川相ヘッド、中日の森ヘッドなどはその筆頭。前西武監督の伊原氏も、巨人のヘッドコーチ時代は選手から恐れられていた。

 西村コーチは指揮官時代、温厚で知られた。選手を責めることもめったになかった。とても「鬼軍曹」に向いてないと思われがちだが、ロッテOBは「まったく心配ない」と言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

もっと見る