日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

<第4回>「助っ人」にならなかった外国人打者

 チームが苦しい時に助けてくれるのが外国人選手である。だから「助っ人」というのだが、今季の野手は全滅だった。

 在籍した4選手のうち、アンダーソンは打率.252、カステヤーノスは.100、セペダに至っては21打数無安打で.000。中でもチームを混乱させたのが、4月終盤に総額1億4000万円で入団したホアン・フランシスコ(28)である。

 ドミニカ共和国出身で188センチ、111キロ。明らかにオーバーウエートだった。それでも球団関係者はこう言って胸を張った。

「3年も追ったんです。とにかく飛ぶ。途中加入であれ以上の選手なんていない。守備はうまくないけど普通レベル。とにかく打てばいいんです」

 デビュー早々、懸念された守備で投手陣の足を引っ張ると、自慢の打撃も5試合で11三振を含む、18打数3安打、打率・167。たった数試合で投手陣からブーイングが出たこともあり、あっという間に二軍落ちとなった。ドミニカ人選手が在籍する球団関係者が言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事