プロ野球に増え続ける外国人選手 山崎裕之氏は“弊害”指摘

公開日: 更新日:

「以前は、助っ人といえば本塁打が打てる大砲、速いボールが投げられるエースか抑えが相場だった。最近はこれとは別に、元西武のヘルマン、巨人のクルーズのように、守備、走塁に長けた選手も獲得するようになってきたのは、チームに足りない戦力を助っ人で補うという考えからでしょう」

■スカウトにも問題あり

 たしかに、助っ人の増加は時代の流れもあるのだろうが、一方で外国人に頼りきっているチームもある。14年にマートン(首位打者)、ゴメス(打点王)、メッセンジャー(最多奪三振)、呉昇桓(セーブ王)と4人の助っ人がタイトルを獲得した阪神は、まさにその典型だ。

「阪神と巨人は近年、助っ人に頼りすぎている感がある。育てるより手っ取り早く戦力になる助っ人は、日本人選手とは違い、パイプのある大学や高校などの強豪校とのしがらみがないから、ダメならすぐにクビを切れる。とくに阪神は、イキのいい若手がなかなか育たない。使えそうな助っ人を1年ごとに連れてこられたら、若手選手たちもやる気がなくなりますよ。逆に言えば、有望な選手を取れない、育成できないというスカウティングやコーチングに問題があるともいえます。ドラフトで素材を発掘し、育てるという中長期的な視点をもっと持ってもらいたいと思います」(前出の山崎氏)

 外国人ばかり増えるようでは、ファンだって嬉しくはないはずだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍側近”の下関市長 市立大人事「私物化疑惑」が大炎上

  2. 2

    本当の賞金女王は渋野 女子プロの戦意削ぐランク制度の穴

  3. 3

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  4. 4

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  5. 5

    巨人の金庫にカネがない!バレに10億円積むソフトBを傍観

  6. 6

    ジャパンライフ“お墨付き”は安倍首相が 元社員が重大証言

  7. 7

    最後の一線を越えた…7年間にも及ぶ国と社会に対するテロ

  8. 8

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

  9. 9

    氷川きよしはどこへ向かうのか?「きよしこの夜」潜入ルポ

  10. 10

    阪神藤浪は0勝で25%減更改 現役ドラフト導入なら1位指名

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る