メダル射程圏の日本男子400mリレー 決勝への“不安材料”

公開日:  更新日:

 リオ五輪陸上男子400メートルリレーで日本代表が予選全体2位の快走を見せ、決勝(日本時間20日午前10時35分スタート)で2大会ぶりのメダルの期待を膨らませた。 

 予選1組のトップ3は米国37秒65②中国37秒82③カナダ37秒89。米国の好タイムは想定内としても、中国がアジア新記録を更新して2位に食い込んだ。アジアの覇権を争う日本としては、直後の予選2組で好タイムを叩き出しておきたい。

 そんな状況で、日本リレー陣が会心の走りを披露した。1走・山県亮太(24)がスタートで飛び出すと、2走・飯塚翔太(25)がリードを保ち、3走・桐生祥秀(20)がトップに躍り出て、4走・ケンブリッジ飛鳥(23)にバトンを渡した。

 日本はボルトを温存したジャマイカなどの追走を許さず、37秒68で1位フィニッシュ。アジア新記録&日本新記録の彩りを添えた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る