• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

メダル射程圏の日本男子400mリレー 決勝への“不安材料”

 リオ五輪陸上男子400メートルリレーで日本代表が予選全体2位の快走を見せ、決勝(日本時間20日午前10時35分スタート)で2大会ぶりのメダルの期待を膨らませた。 

 予選1組のトップ3は米国37秒65②中国37秒82③カナダ37秒89。米国の好タイムは想定内としても、中国がアジア新記録を更新して2位に食い込んだ。アジアの覇権を争う日本としては、直後の予選2組で好タイムを叩き出しておきたい。

 そんな状況で、日本リレー陣が会心の走りを披露した。1走・山県亮太(24)がスタートで飛び出すと、2走・飯塚翔太(25)がリードを保ち、3走・桐生祥秀(20)がトップに躍り出て、4走・ケンブリッジ飛鳥(23)にバトンを渡した。

 日本はボルトを温存したジャマイカなどの追走を許さず、37秒68で1位フィニッシュ。アジア新記録&日本新記録の彩りを添えた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    菅長官が“枚方市”を誤読し大炎上…被災自治体「抗議した」

  3. 3

    9歳女児が下敷きに “違法建築ブロック塀”誰が有罪になる?

  4. 4

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  5. 5

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  6. 6

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  7. 7

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  8. 8

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    東西約300人が在籍 ジャニーズJrは“大人以上に遊んでいる”

もっと見る