• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

メダル射程圏の日本男子400mリレー 決勝への“不安材料”

 リオ五輪陸上男子400メートルリレーで日本代表が予選全体2位の快走を見せ、決勝(日本時間20日午前10時35分スタート)で2大会ぶりのメダルの期待を膨らませた。 

 予選1組のトップ3は米国37秒65②中国37秒82③カナダ37秒89。米国の好タイムは想定内としても、中国がアジア新記録を更新して2位に食い込んだ。アジアの覇権を争う日本としては、直後の予選2組で好タイムを叩き出しておきたい。

 そんな状況で、日本リレー陣が会心の走りを披露した。1走・山県亮太(24)がスタートで飛び出すと、2走・飯塚翔太(25)がリードを保ち、3走・桐生祥秀(20)がトップに躍り出て、4走・ケンブリッジ飛鳥(23)にバトンを渡した。

 日本はボルトを温存したジャマイカなどの追走を許さず、37秒68で1位フィニッシュ。アジア新記録&日本新記録の彩りを添えた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    ベトナムに完封負けも…森保U-21代表は優勝候補の韓国回避

もっと見る