名古屋復帰で大活躍 闘莉王にJ3鳥取が“恨み節”の理由

公開日:  更新日:

 “強力助っ人”の奮闘を羨ましく、いや苦々しく思ったことだろう。J3でブービー15位に低迷して最下位争い真っただ中の鳥取の面々である。

 10日のJ1で年間順位16位とJ2降格圏内にあえぐ名古屋が、敵地での新潟戦を1-0でモノにした。5月4日以来19試合ぶりの勝ち点3。立役者は昨年11月に名古屋から戦力外通告を受け、今年1月に母国ブラジルに帰国していた元日本代表DF闘莉王(35)だ。

「闘莉王を“クビ”にしたのは、今季から指揮を執った小倉隆史GM兼監督(43)。しかし、新米監督はチームをJ2降格の危機にさらし、フロントも8月末に小倉監督解任に踏み切り、後任のジュロブスキー監督が闘莉王に復帰のオファーを出した」(サッカー記者)

 闘莉王は復帰初戦の新潟戦に先発フル出場。最終ラインで体を張ったプレー、的確なコーチングでチームメートをグイグイ引っ張り、J1残留ライン15位の甲府との勝ち点差を4に縮めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る