• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

名古屋復帰で大活躍 闘莉王にJ3鳥取が“恨み節”の理由

 “強力助っ人”の奮闘を羨ましく、いや苦々しく思ったことだろう。J3でブービー15位に低迷して最下位争い真っただ中の鳥取の面々である。

 10日のJ1で年間順位16位とJ2降格圏内にあえぐ名古屋が、敵地での新潟戦を1-0でモノにした。5月4日以来19試合ぶりの勝ち点3。立役者は昨年11月に名古屋から戦力外通告を受け、今年1月に母国ブラジルに帰国していた元日本代表DF闘莉王(35)だ。

「闘莉王を“クビ”にしたのは、今季から指揮を執った小倉隆史GM兼監督(43)。しかし、新米監督はチームをJ2降格の危機にさらし、フロントも8月末に小倉監督解任に踏み切り、後任のジュロブスキー監督が闘莉王に復帰のオファーを出した」(サッカー記者)

 闘莉王は復帰初戦の新潟戦に先発フル出場。最終ラインで体を張ったプレー、的確なコーチングでチームメートをグイグイ引っ張り、J1残留ライン15位の甲府との勝ち点差を4に縮めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  2. 2

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  3. 3

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  4. 4

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  5. 5

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  6. 6

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  7. 7

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  8. 8

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  9. 9

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  10. 10

    松本伊代&早見優 80年代アイドル歌謡ショーの隠れた需要

もっと見る