• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

名古屋復帰で大活躍 闘莉王にJ3鳥取が“恨み節”の理由

 “強力助っ人”の奮闘を羨ましく、いや苦々しく思ったことだろう。J3でブービー15位に低迷して最下位争い真っただ中の鳥取の面々である。

 10日のJ1で年間順位16位とJ2降格圏内にあえぐ名古屋が、敵地での新潟戦を1-0でモノにした。5月4日以来19試合ぶりの勝ち点3。立役者は昨年11月に名古屋から戦力外通告を受け、今年1月に母国ブラジルに帰国していた元日本代表DF闘莉王(35)だ。

「闘莉王を“クビ”にしたのは、今季から指揮を執った小倉隆史GM兼監督(43)。しかし、新米監督はチームをJ2降格の危機にさらし、フロントも8月末に小倉監督解任に踏み切り、後任のジュロブスキー監督が闘莉王に復帰のオファーを出した」(サッカー記者)

 闘莉王は復帰初戦の新潟戦に先発フル出場。最終ラインで体を張ったプレー、的確なコーチングでチームメートをグイグイ引っ張り、J1残留ライン15位の甲府との勝ち点差を4に縮めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  2. 2

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  3. 3

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  4. 4

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  5. 5

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  6. 6

    幼児教育無償化のウラに…安倍政権の意地悪な“分断政策”が

  7. 7

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  8. 8

    スーパーボランティア尾畠氏 東京五輪で“政治利用”の懸念

  9. 9

    鈴木保奈美は月9復帰 フジテレビ秋改編で泣く人笑う人

  10. 10

    “ハイサイ、グスヨー、チューウカナビラ”は沖縄の強い意志

もっと見る