錦織QFはデルポトロが相手 過去4戦全敗の宿敵に苦戦必至

公開日: 更新日:

 臀部痛からの完全復活を目指す男子テニスの錦織圭(26)に天敵が立ちはだかる。

 スイス室内(バーゼル)は27日(日本時間28日未明)、シングルス2回戦を行い、リオ五輪銀メダリストで世界ランキング42位のフアンマルティン・デルポトロ(28=アルゼンチン)が同11位で第5シードのダビド・ゴフィン(25=ベルギー)をセットカウント2-0で下し、8強入り。準々決勝で錦織と顔を合わせることになった。

 このデルポトロに対し今大会第3シードの錦織は過去4戦して全てストレート負けを喫している因縁の相手だ。

 両者は大会で顔を合わせた際には合同練習する間柄だが、錦織は身長198センチのビッグサーバーであるデルポトロへの警戒を隠さない。

 対戦はなかったが、9月の全米オープン開幕前には「できればデルポトロとはやりたくない。彼のサーブやフォアハンドは迫力があるので」と苦手意識を口にしていた。

 今大会の錦織はハードコートながら、クレーコートのように球足が伸びず、不規則なバウンドへの対応にてこずっている。リオ五輪に加えて全仏オープンでベスト4(09年)に入るなど、比較的クレーコートを得意とするデルポトロ相手に苦戦を強いられそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  2. 2

    桑田真澄というカリスマが高校野球に物申したことの意義

  3. 3

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  4. 4

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  5. 5

    イタリア政治に風穴あけた「五つ星運動」共同設立者に聞く

  6. 6

    強豪校監督に聞いた 高校野球の球数制限「賛成?反対?」

  7. 7

    大食い客から猛批判「やよい軒」おかわり有料化の視界不良

  8. 8

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

  9. 9

    開幕から6戦全勝 原巨人5年ぶりV奪回は“カモ虎”と共に

  10. 10

    DeNA“オープナー制”実らず データ野球浸透の壁を識者指摘

もっと見る