復帰戦飾った錦織 V好機ファイナルには手強い伏兵ズラリ

公開日:

 臀部を痛めて楽天ジャパンオープンを棄権した男子テニスの錦織圭(26)が復帰初戦を飾った。

 第3シードで世界ランキング5位の錦織は24日(日本時間25日未明)のスイス室内オープン1回戦で同77位のドゥシャン・ラヨビッチ(26=セルビア)と対戦。セットカウント2-0でストレート勝ちした。

 錦織は、すでに年間成績上位8人が進出するATPツアーファイナル(11月13日開幕、ロンドン)への出場が決定。全米オープンで準優勝した14年から、3年連続で年間王者を争う舞台に立つ。過去2度のファイナルは14年のベスト4が最高。今季はリオ五輪も銅メダルで日本勢としては96年ぶりの表彰台に上がった。2個目の栄誉がかかる錦織にとっては、今年のファイナルは頂点に立つ千載一遇のチャンスだ。現状ではライバルは、世界ランキング1位でツアーファイナル4連覇中のジョコビッチ(29=セルビア)、同2位のマリー(29=英国)、同3位のワウリンカ(31=スイス)、同4位のラオニッチ(25=カナダ)の4人に絞られるからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  10. 10

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

もっと見る