江夏氏評価の金田がオリ流出 またも問われる阪神の育成力

公開日: 更新日:

■白仁田は阪神からオリ移籍で開花

 メンタルに課題があるとはいえ、素材は評価されていた。15年キャンプのフリー打撃に登板した際には、大物OBの江夏臨時コーチが「投手は打たれたくない本能がある。そういう気持ちで投げていた金田が典型的」と名指しでホメた。前出OBが言う。

「メンタルに課題がある投手を育てるのは簡単ではない。だからこそ、球団の育成能力が問われるところ。金田はハングリー精神が旺盛で真面目な選手と聞いている。不調だった近年は一軍で投げたい、活躍したいと結果を求めすぎたのだろう。投球に集中できるように導くだけでも、変化が表れるかもしれない」

 金田と同様、オリックスへ移籍(トレード)した白仁田(当時29歳)は、阪神では通算6試合で1勝しか挙げられなかったが、移籍初年度の15年は主にリリーフとして43試合登板、2勝2敗と一皮むけた。

 環境が変わって活躍することはよくあるが、白仁田はオリックスでコーチとフォーム改造に取り組み、当時の森脇監督から「野球人生を懸けるつもりでやれ」と言われて奮起した。金田が新天地で開花すれば阪神の育成、指導力が問われそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  2. 2

    拘束プレー用の足枷を放置 ある日彼の母親が家に来て…

  3. 3

    福田元首相秘書が懸念「国会でモラルハザード起きている」

  4. 4

    英中部 絶壁の縁にテント張り「脳死状態」と罵られた家族

  5. 5

    ボランティア辞退に意向確認 もはや東京五輪は“真っ黒”だ

  6. 6

    “里帰り不倫”福原愛はシンママに勝機 モラハラ夫に同情票

  7. 7

    これぞ教育!帽子を脱がない校則違反の男子生徒に校長は…

  8. 8

    緊急事態宣言「1カ月延長論」浮上 2週間で収束メド立たず

  9. 9

    遠征先で無断外泊先から球場入り…それでも石井は好投した

  10. 10

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

もっと見る