メジャー屈指のゴロ投手 豪“右殺し”モイランに侍苦戦必至

公開日:

 04年アテネ五輪では日本を2度撃破し、銀メダルに輝いたオーストラリア代表。あれから十余年、いまもなお油断できないチームだ。

 今回の投手陣は「元」を含めてメジャーリーガーが多い。元マリナーズのローランドスミス(34)、タイガースのソーポルド(27)、元楽天のブラックリー(34)もメジャー6球団を渡り歩いたベテランだ。

 中でもロイヤルズのピーター・モイラン(38)は、昨季50試合で2勝無敗、防御率3・43の成績を残したバリバリのメジャー右腕。スポーツライターの友成那智氏は「ゴロを打たせることにかけては、メジャーでも五指に入る」と、こう話す。

「アンダー気味のサイドハンドで投げる、変則右腕。投球の6割が140キロ台のシンカーです。メジャーではシュートしながら沈む速球をシンカーと呼ぶ。残り4割はほぼスライダー。これも横に大きくスライドしながら沈む。とにかくボールが低めに集まるので、ホームランはほとんど打たれない。昨季は打球の62%、15年は70%がゴロだった。右打者に強く、昨季の被打率は・218。球数制限のあるWBCでは2番手投手が大事になる。ロングリリーフとしてモイランが出てきたら、右打者の多い日本代表は苦戦するでしょうね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  6. 6

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る