• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

メジャー屈指のゴロ投手 豪“右殺し”モイランに侍苦戦必至

 04年アテネ五輪では日本を2度撃破し、銀メダルに輝いたオーストラリア代表。あれから十余年、いまもなお油断できないチームだ。

 今回の投手陣は「元」を含めてメジャーリーガーが多い。元マリナーズのローランドスミス(34)、タイガースのソーポルド(27)、元楽天のブラックリー(34)もメジャー6球団を渡り歩いたベテランだ。

 中でもロイヤルズのピーター・モイラン(38)は、昨季50試合で2勝無敗、防御率3・43の成績を残したバリバリのメジャー右腕。スポーツライターの友成那智氏は「ゴロを打たせることにかけては、メジャーでも五指に入る」と、こう話す。

「アンダー気味のサイドハンドで投げる、変則右腕。投球の6割が140キロ台のシンカーです。メジャーではシュートしながら沈む速球をシンカーと呼ぶ。残り4割はほぼスライダー。これも横に大きくスライドしながら沈む。とにかくボールが低めに集まるので、ホームランはほとんど打たれない。昨季は打球の62%、15年は70%がゴロだった。右打者に強く、昨季の被打率は・218。球数制限のあるWBCでは2番手投手が大事になる。ロングリリーフとしてモイランが出てきたら、右打者の多い日本代表は苦戦するでしょうね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  7. 7

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

  8. 8

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  9. 9

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  10. 10

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

もっと見る