記録更新狙う池江璃花子 女子50mバタVも「本当に悔しい」

公開日: 更新日:

 一度だけ顔を上げた。

 13日、競泳の日本選手権に出場した池江璃花子(16)。50メートルバタフライで、自身が持つ日本記録にあと0秒01まで迫る25秒51で優勝した。7月の世界選手権(ハンガリー)代表にも内定したが、記録が出なかったことについては「本当に悔しい。詰めが甘い」と唇を噛んだ。

 勝因は息継ぎを1度に抑えたこと。息継ぎなしでの泳ぎが苦手だった池江は、昨年夏から足にフィンをつけて息継ぎなしで泳ぎ切る練習を続けてきたという。昨年末に1カ月間、メキシコで高地合宿も行った。

 特訓の成果もあってか、今年2月、コナミオープンの50メートル自由形では息継ぎなしで日本新を更新した。

 今回はバタフライ2種目、自由形3種目の計5種目に出場を予定している池江。「明日からは距離も伸びる。しっかり泳ぎたい」と残りの4種目に記録更新の望みをつないだ。

 大会前、日本水泳連盟の平井伯昌競泳委員長が「池江選手中心の大会になるだろう」と宣言していた通り、池江の独壇場となりそうな気配だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  5. 5

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  6. 6

    「失われた10年」を「30年」に拡大させた戦後の無責任体制

  7. 7

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  8. 8

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  9. 9

    ジャニーズ頼みは厳しい?ドラマ視聴率と主題歌の相反関係

  10. 10

    衆院沖縄3区補選 屋良朝博氏の勝利に敢えて水を差す

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る