ドーピング違反処分明け 元女王シャラポワが復帰戦で白星

公開日:  更新日:

 ドーピング違反による出場停止処分を受けていた女子テニス元世界ランキング1位のマリア・シャラポワ(30=ロシア)が26日(日本時間27日未明)、ポルシェ・テニス・グランプリ(ドイツ・シュツットガルト)で復帰。1回戦で世界36位のロベルタ・ビンチ(34=イタリア)を7-5、6-3のストレートで下し、復帰初白星を挙げた。

 スタンドの観衆に拍手で迎えられてコートに姿を見せたシャラポワ。立ち上がりは緊張からか、プレーに精彩を欠き、第1セットは先にブレークを許す。それでも徐々に調子を上げ、多彩な攻撃で相手を翻弄。第2セットは強烈なリターンを繰り出して相手を寄せ付けなかった。

 主催者推薦での復帰には男女の一部トップ選手から批判の声が上がったものの、スタンドのファンからは歓迎を受けた。勝利が決まると、何度もガッツポーズを見せ、満面の笑みを浮かべながら、ファンの声援に投げキッスで応えた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  8. 8

    主力組中心か…アジア杯サウジ戦の予想布陣に釜本氏が疑問

  9. 9

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  10. 10

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

もっと見る