ドーピング違反処分明け 元女王シャラポワが復帰戦で白星

公開日:  更新日:

 ドーピング違反による出場停止処分を受けていた女子テニス元世界ランキング1位のマリア・シャラポワ(30=ロシア)が26日(日本時間27日未明)、ポルシェ・テニス・グランプリ(ドイツ・シュツットガルト)で復帰。1回戦で世界36位のロベルタ・ビンチ(34=イタリア)を7-5、6-3のストレートで下し、復帰初白星を挙げた。

 スタンドの観衆に拍手で迎えられてコートに姿を見せたシャラポワ。立ち上がりは緊張からか、プレーに精彩を欠き、第1セットは先にブレークを許す。それでも徐々に調子を上げ、多彩な攻撃で相手を翻弄。第2セットは強烈なリターンを繰り出して相手を寄せ付けなかった。

 主催者推薦での復帰には男女の一部トップ選手から批判の声が上がったものの、スタンドのファンからは歓迎を受けた。勝利が決まると、何度もガッツポーズを見せ、満面の笑みを浮かべながら、ファンの声援に投げキッスで応えた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る