ヨルダン戦で2G FW岩渕真奈がなでしこ攻撃陣の突破口に

公開日: 更新日:

 12月に日本で開幕するEAFF E―1サッカー選手権を直前に控えたなでしこジャパンが、アウェーのヨルダン戦(日本時間24日午後11時キックオフ)を2―0で快勝した。この試合で2ゴールを決めた岩渕真奈(INAC神戸FW)は24歳にして2011年ドイツW杯優勝、12年ロンドン五輪銀メダル、15年カナダW杯準優勝と、なでしこジャパンの絶頂期を経験している。13年からはドイツで新たな可能性へ挑戦もした。しかし――。

 岩渕を待っていたのは度重なる故障だった。今年に入り、彼女はケガの完治を目指して日本への帰国を決断する。10月に長野で行われたスイス戦で代表に返り咲いたとはいえ、万全のコンディションではなかった。

「まずはチームメートに信頼してもらうこと」(岩渕)を念頭においていた彼女だが、このヨルダン戦では攻撃を牽引する。先制点は得意のドリブルから左足で、2点目は阪口夢穂(ベレーザMF)とのコンビネーションから思い切り右足を振り抜いた。「とりあえず点が取れて良かった」と安堵の言葉をもらした彼女は、すぐさま表情を引き締めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  2. 2

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  3. 3

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  4. 4

    黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト

  5. 5

    木村花さん死去の悲劇…視聴者はフィクションへの認識欠如

  6. 6

    安倍首相が承認に前のめり “アベ友薬”アビガンに黄信号

  7. 7

    同志社女子大・影山貴彦氏 エンタメは不要不急でも不可欠

  8. 8

    見限られた日本のカジノ構想 世界一の業者が豹変した背景

  9. 9

    守護神辞任で…官邸が次の検察トップに据えたい“ミニ黒川”

  10. 10

    親から勘当状態…近江アナ“15歳差婚”で生じたわだかまり

もっと見る