ヨルダン戦で2G FW岩渕真奈がなでしこ攻撃陣の突破口に

公開日:

 12月に日本で開幕するEAFF E―1サッカー選手権を直前に控えたなでしこジャパンが、アウェーのヨルダン戦(日本時間24日午後11時キックオフ)を2―0で快勝した。この試合で2ゴールを決めた岩渕真奈(INAC神戸FW)は24歳にして2011年ドイツW杯優勝、12年ロンドン五輪銀メダル、15年カナダW杯準優勝と、なでしこジャパンの絶頂期を経験している。13年からはドイツで新たな可能性へ挑戦もした。しかし――。

 岩渕を待っていたのは度重なる故障だった。今年に入り、彼女はケガの完治を目指して日本への帰国を決断する。10月に長野で行われたスイス戦で代表に返り咲いたとはいえ、万全のコンディションではなかった。

「まずはチームメートに信頼してもらうこと」(岩渕)を念頭においていた彼女だが、このヨルダン戦では攻撃を牽引する。先制点は得意のドリブルから左足で、2点目は阪口夢穂(ベレーザMF)とのコンビネーションから思い切り右足を振り抜いた。「とりあえず点が取れて良かった」と安堵の言葉をもらした彼女は、すぐさま表情を引き締めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

もっと見る